黒字倒産とは?黒字なのに倒産する原因と今すぐ実践すべき予防策

黒字倒産とは、会計帳簿上の利益はプラス(黒字)であるにもかかわらず、手元の資金(キャッシュ)がショートして不渡りや債務不履行を起こし、企業が倒産することす。

代金が後払いとなる掛取引の場合、利益が計上されるタイミングと、売上金が入金されるタイミングにラグがあり、黒字であっても売上金が入金される前に倒産するケースがあります。

特に、売上が急増したときや過剰な在庫を抱えたときなどは、黒字倒産のリスクが高まるため注意が必要です。

 本記事では、会社をつぶさないために必ず知っておくべき「黒字倒産」について、基礎知識から予防策まで解説します。

本記事のポイント
  •   黒字倒産とは何か基本から理解できる
  •   どんなときにリスクが高まりやすいのか解説
  •   黒字倒産と無縁になるための予防策がわかる

「黒字倒産について知りたい」
「黒字倒産を回避する方法を知りたい」
という方におすすめの内容となっています。

 この解説を最後までお読みいただければ、「黒字倒産の基礎知識」はもちろん、具体的な対策として何をすべきか理解できます。

 結果として、黒字倒産を回避した経営が可能になるはずです。
ではさっそく解説を始めましょう。

1. 黒字倒産とは?

まずは黒字倒産の基礎知識から見ていきましょう。

1-1. 黒字倒産の概要

黒字倒産とは、帳簿上では黒字であるにもかかわらず、資金ショート(手元の現金が不足)し、債務不履行や不渡りを起こして企業が倒産してしまうことです。

黒字倒産の詳しい仕組みは次章で解説しますが、簡単に言えば、

  • 帳簿上では利益が上がっている状態(=黒字の状態)でありながら、その利益を現金(キャッシュ)として受け取る前に、借入返済・仕入れ・人件費・税金などの支払いに必要な資金がなくなり、倒産する

……というメカニズムになります。

 資金ショートすると、手元にお金がなくなるので、以下の状況に陥ります。

  • 取引先への支払いが滞って信頼を失う
  • 従業員への給料が支払えず従業員が離職する、労働基準監督署からの処罰を受けたり裁判で訴えられたりする
  • 銀行融資などの借入金の返済ができない
  • 運転資金が不足して事業を継続できない

 資金調達したり支払い期日の交渉を行ったりして奔走するものの、最終的にどうにもならなければ、残っている道は倒産しかありません。

 なぜ、黒字にもかかわらずこのような事態が起きるのか、その大きな理由は、多くの企業は「掛取引」を行っているからです。

掛取引とは?

掛取引とは、まず商品の引き渡し(納品)を行い、後日代金の支払いが行われる取引形態です。

 売り手から見ると、先に商品の仕入れ代金の支払いが発生し、売上金が手元に回収できるのは後日となります。

 売上が上がっていて黒字でも、後日の売上金を受け取る期日までの間に、手元の資金が持たなくなってショートし倒産すると、「黒字倒産」となります。

1-2. 黒字倒産と赤字倒産の違い

黒字倒産の対義語として「赤字倒産」という言葉があります。

 黒字倒産と赤字倒産の違いは、以下のとおりです。

▼ 黒字倒産と赤字倒産の違い

手元の資金(現金)帳簿上の利益
黒字倒産なしあり
赤字倒産なしなし

赤字倒産は、手元の資金も帳簿上の利益もありませんので、倒産もやむを得ずの面があります。

 一方、黒字倒産は、帳簿上の利益はあるにもかかわらず、帳簿上の利益が現金化されるまでの期間、手元の資金が耐えきれずに倒産するのがポイントとなります。

 つまり、資金の流れを把握して、資金繰りをうまくやり繰りしていれば防げた可能性が高いのが、黒字倒産といえるのです。

 

2. なぜ黒字倒産が起きる?その仕組みとは

黒字倒産が起きる仕組みを、より詳しく見ていきましょう。

2-1. 計算上の利益と実際に手元にある資金にはタイムラグがある

「黒字倒産」の仕組みを理解するために押さえておきたいのは、

  • 利益
  • 資金  

  の違いです。

利益は損益計算書に掲載される計算上の数字、資金は現金預金などの手元に実際にある残高となります。

ここで押さえておきたいのは、利益が計上される時点と、資金が計上される時点には、タイムラグがあることです。

 利益は実現主義・発生主義というルールで算出され、取引の確定時に計上されます。

 一方、資金は現金主義というルールで算出され、実際に現金の入金があった時点で計上されます。

 手元の資金がなくても、利益がプラスであれば「黒字」です。

 「黒字である」ことと「手元に資金(現金)がある」ことは別、と覚えておきましょう。

2-2. 資金の流れを把握していないと資金ショートを起こし黒字倒産する

ここまでお読みいただくと、

利益の数字を追い掛けて、常に利益がプラスになる(黒字になる)よう経営していても、
資金の流れを把握していなければ、資金ショートを起こして黒字倒産するリスクがある

とご理解いただけるのではないでしょうか。

 黒字を維持していても、その利益が現金化されるまでの間に、手元の資金が底を尽きれば倒産です。

 具体的に、どんな状況で資金ショートを起こし黒字倒産に陥りやすいのかについては、次章で解説することにしましょう。

3. 黒字倒産を誘発しやすい5つのリスク

黒字倒産の仕組みがわかったところで、次はどんなときに黒字倒産に陥りやすいのか、5つのリスクをご紹介します。

  • 過剰な在庫を抱えたとき
  • 過剰な投資をしたとき
  • 売掛金が回収できなかったとき
  • 借入返済額や納税額が増大したとき
  • 売上の急激な減少または増加が起きたとき

3-1. 過剰な在庫を抱えたとき

1つめのリスクは「過剰な在庫を抱えたとき」です。

 在庫を多く抱えると、帳簿上の利益は増えます。というのは、在庫は、会計上「資産」となるためです。

 過剰な在庫を抱えている実態に気付かずに、「黒字である」と安心していると、黒字倒産のリスクは高まります。

 さらに、資産を「現金」として所持している分にはコストはかかりませんが、「在庫」として所持していると、在庫数に応じたコストがかかります。

在庫数に応じて増大するコストの一例

  • 倉庫費
  • 維持・管理費
  • 不良在庫の処分費

黒字倒産を防ぐためには、常に適正在庫となるように、モニターしなければなりません。

3-2. 過剰な投資をしたとき

2つめのリスクは「過剰な投資をしたとき」です。

 投資をする際には、もちろんリターンを期待して投資します。

 しかし、期待外れとなればあっという間に黒字倒産となるリスクが高いため、注意が必要です。

 特に黒字倒産が起きやすい投資として、不動産投資や設備投資が挙げられます。

 投資額の回収までに長期間かかることが多く、それまでの間に資金ショートを起こすリスクが高まるのです。

 不動産・設備などの高額な投資は、慎重に行う必要があります。

3-3. 売掛金が回収できなかったとき

3つめのリスクは「売掛金が回収できなかったとき」です。

 売掛金とは、掛取引(代金後払いの取引)による未回収の売上金のことですが、例えば取引先企業が倒産すれば、売掛金の回収ができなくなります。

 売掛金が回収できないことを「貸し倒れ」といいます。

 利益として計上していた金額が、現金として入金されなくなるため、資金繰りの急速な悪化を招く事態です。

 貸し倒れを防ぐためには、信用できる取引先を見極めることが重要です。

 信用力に不安のある企業とは、掛取引をしないようにしましょう。

2-3. 借入返済額や納税額が増大したとき

4つめのリスクは「借入返済額や納税額が増大したとき」です。

 売掛金の未回収や過剰在庫による経営圧迫などで状況が悪化しているときに、支払いや納税などで会社から出て行くお金が増大するタイミングが重なると、一挙に黒字倒産のリスクが高まります。

 いつ・いくらのお金を支払う必要があるのか、常に明確に把握して、黒字倒産を起こす前に資金調達しておかなければなりません。

 資金調達について詳しくは、以下の記事もあわせてご覧ください。

資金調達はどうする?18の方法とメリット・デメリットを徹底解説

2-5. 売上の急激な減少または増加が起きたとき

5つめのリスクは「売上の急激な減少または増加が起きたとき」です。

 売上が急激に減少したときに、黒字倒産のリスクが増すことは、想像に難くないと思います。

 ここで注意したいのは、「売上の急激な増加」も、黒字倒産リスクを高める点です。

 なぜなら、急激に増加した売上金が入金されるより前のタイミングで、その売上分の仕入代金の支払いが発生するからです。

 急激な売上増に比例して、急激に増えた仕入れの費用を支払えずに黒字倒産してしまうケースが見られます。

 場合によっては、あえて売上を低く抑え、資金ショートを起こさないように調整することも必要です。

4. 黒字倒産した企業の事例

「黒字倒産」と聞いても、どこか他人事のように感じる経営者もいるかもしれません。

しかし、2018年に倒産した会社のうち、約半数(47%)が黒字倒産であることを、ご存じでしょうか(東京商工リサーチ調べ)。

出典:J-Net21

 実際の事例を見てみましょう。

4-1. 江守グループホールディングス株式会社

20153月に倒産した東証上場企業の「江守グループホールディングス」は、倒産するまで5期連続で黒字決算でした。

 2010年〜2014年の5年にわたり、中国への事業拡大をベースに順調に売上を伸ばし、投資家たちからも注目されていました。

 ところが、中国の取引先の資金繰り悪化などの影響を受け、営業キャッシュフローでは5期連続でマイナスとなっていたのです。

 最終的には、スポンサーや資金調達などを模索したものの策が尽き、民事再生を申し立てる結果となりました。

 「表面上、どんなに売上高が好調で推移していても、売掛金を回収できなければ、上場企業でも黒字倒産する」

ということを示す事例といえます。

 資金力に劣る中小企業であればなおのこと、そのリスクは大きくなります。

4-2. 株式会社アーバンコーポレイション

株式会社アーバンコーポレイションは、広島県広島市に本社を置いていた不動産会社です。

 売上好調で黒字決算が続いていましたが、20088月に、2,558億円という巨額の負債を抱えて民事再生を申請しました。

 アーバンコーポレイションが黒字倒産した原因は、過剰に膨れ上がった棚卸資産であったといわれています。つまり、過剰在庫です。

 不動産の仕入れを行って、資金(キャッシュ)が在庫に置き換わっている状況でも、在庫は帳簿上「資産」として計上されます。

 実際には、抱えた在庫が売れずに手元のキャッシュが減って、資金繰りが悪化しているにもかかわらず、帳簿上では黒字となっていたのです。

 過剰在庫を抱えれば、黒字倒産のリスクが高まることを表す事例です。

5. 黒字倒産を防ぐために実践すべき予防策

では、黒字倒産を防ぐために、何をすべきでしょうか。

実践すべき予防策を見ていきましょう。

5-1. 資金繰り表を作って資金繰りするのが最大の予防策

黒字倒産を防ぐための最大の予防策は「資金繰り表」を作り、資金の流れを正しく把握したうえで、資金繰り(資金がショートしないようにやり繰りする)を行うことです。

 資金繰りなくして、黒字倒産を防ぐことはできません。

 資金繰り表については、
資金繰り表とは?資金繰り改善のために知るべき資金繰り表の作り方」にて解説しています。

 黒字倒産を防ぎたい方はお読みいただき、実際に資金繰り表を作成してみてください。

 以下の資金繰り表をダウンロードできるようにしており、実際の入力方法を詳しくレクチャーしています。初めての方でも、資金繰り表が作成できます。

 資金繰り表

5-2. 資金繰りの4つの基本

資金繰り表を作ったら、何を見ていけばいいのかといえば、4つの基本があります。

  • 入金を増やす
  • 入金を早める
  • 出金を減らす
  • 出金を遅らせる

それぞれ見ていきましょう。

1)入金を増やす

まずは「入金を増やす」ことです。

常に入ってくるお金を増やして、資金に余裕がある状態をキープしましょう。

というのは、資金は会社の耐久力になるからです。

資金に余裕があれば、前述の黒字倒産リスクに見舞われたとしても、耐え抜くことができます。

入金を増やす方法としては、以下が挙げられます。

  • 売上を上げる
  • 資金調達する(融資を受ける)
  • 不要な資産を売却する

2)入金を早める

次に、黒字倒産回避のカギを握るともいえるのが「入金を早める」ことです。

取引から入金までのタイムラグが長ければ長いほど、黒字倒産のリスクは高まります。

取引して売上が立ったら、その売上金をできるだけ早く入金してもらうことが大切です。

入金を早める方法としては、以下が挙げられます。

  • 掛取引をしない(現金決済・前払い・クレジットカード支払いなどにする)
  • 着手金や半金前払いなどで取引する
  • 取引先の支払いサイトを短くする(支払い期限を早める)

3)出金を減らす

入金と同時に配慮すべきが「出金」です。まず「出金を減らす」ことが大切です。

会社から出ていくお金を減らして、資金を増やしましょう。

出金を減らす方法としては、以下が挙げられます。

  • 人件費を適正にする
  • 原価を減らす
  • 固定費・変動費を見直す
  • 節税する

※以下の記事も参考にご覧ください。

4)出金を遅らせる

最後に「出金を遅らせる」工夫も行っていきましょう。

支払いはできるだけ後ろ倒しするように調整することで、

出金を遅らせる方法としては、以下が挙げられます。

  • 自社の支払いサイトを長くする(支払い期限を長くする)
  • 税金や社会保険などで利用できる支払い猶予があれば利用する

6. まとめ

黒字倒産とは、会計帳簿上は利益がプラス(黒字)であるにもかかわらず、手元の資金がショートして、倒産に陥ることです。

 代金後払いの信用取引である「掛取引」を行っている場合、利益が計上される時点と、現金として入金される時点にタイムラグが起きることで、黒字倒産のリスクが生まれます。

 帳簿上の利益の数字を把握していても、実際の資金の流れを把握していないと、資金ショートを起こす危険があり注意しなければなりません。

 黒字倒産を誘発しやすい5つのリスクとして、以下が挙げられます。

  • 過剰な在庫を抱えたとき
  • 過剰な投資をしたとき
  • 売掛金が回収できなかったとき
  • 借入返済額や納税額が増大したとき
  • 売上の急激な減少または増加が起きたとき

黒字倒産を防ぐ最大の予防策は、資金繰り表を作って資金の流れを可視化し、必要な資金のやり繰りを事前に行うことです。

 詳しくは以下の記事で解説していますので、続けてご覧ください。

 

「社長の成績表」90分【無料】財務分析コンサル

うちの会社は「いいの?、悪いの?、本当はどんな感じなの?」
「社長の成績表」
は、会社を点数評価し、あなたの会社の財務的な問題点を明らかにします。

利益が出ているのに、お金が貯まらない
借入金の返済残高が減らない
現預金は、いくらあれば大丈夫なの?
さらに

いくら「売上」と「利益」を獲得すればいいのか?
銀行からの評価は、どこを、どれだけ改善すれば良くなるのか?

を個別具体的に90分間【無料】でコンサルさせて頂きます。

特典①「社長の成績表」・・・・強い財務体質になるために目標値を示し、あとどれだけ、何をすれば強い財務体質になるかを明らかにします。
特典②「利益計画・販売計画・資金運用計画」・・・・社長と一緒に未来の数字を作成します。これから何を、どれだけやればいいのか、さらに預貯金はどうなるのか?が明らかになります。

「社長の成績表」は、中小企業の経営者が知るべき経営指標による企業格付けです!

ご相談方法】
● ビジョン税理士法人に直接ご来社
● WEBオンライン相談/ZOOM全国対応

【ご相談担当の税理士】
● 代表税理士 鈴木宗也
● 税理士 小池一匡
● 税理士 香西亮輔

税理士による無料相談
会社の悩みは、税理士に無料で相談して、
スッキリ解決!

ビジョン税理士法人では(代表税理士:鈴木宗也)、
「税理士による無料面談」を行っております。

以下のような内容に
お心当たりございませんか?

  • 決算直前にならないと、納税額が分からない
  • 税理士の対応が遅い! すぐに動いてくれない
  • ミスが多い!担当がコロコロ変わる
  • 税理士に、銀行融資をサポートして欲しい
  • 税務調査で、税理士が頼りないと感じた
  • 先代からの付き合いで、適切なコミュニケーションが取れない
  • こちらから連絡しないと、会いに来ない
  • キャッシュフロー、資金の増減についての説明がない
  • 今の税理士は、税務署に提出する申告書を作るだけ!
  • 節税を含めて、何の提案もない

電話でもお申し込みOK

【受付時間】平日8:30~19:00(土日祝除く)

財務に強い会社になる/無料財務コンサル
【90分間】資金繰り、財務の改善点がわかる!
財務に強い会社になる
【90分】財務の改善点がわかる
税理士による無料相談
会社の悩みは、税理士に相談してスッキリ解決!
税理士による無料相談
税理士に相談してスッキリ解決