ビジョン税理士法人 ビジョン税理士法人 ビジョン税理士法人 ビジョン税理士法人 ビジョン税理士法人 ビジョン税理士法人 ビジョン税理士法人

私たちビジョン税理士法人は、
横浜市戸塚区に事務所を構えさせて頂き、
地元横浜の中小企業を中心に
「良い中小企業創り」の支援を目的とした税理士法人です。

取り扱う商品・サービスは、
税務・会計を中心とした
中小企業専門の経営サポートです。

ビジョン税理士法人では、
神奈川県内を中心として
横浜市全域(戸塚区・泉区・保土ヶ谷区・中区など)、
並びに藤沢・茅ケ崎・大船などの湘南地域、
さらに海老名・大和・厚木・綾瀬、座間などの県央地域などの、
中小企業約350社と
密接に関わりを持たせて頂いております。

親切・丁寧をモットーに
日本で一番、イキイキ・ワクワクする
中小企業創りを応援します。

その為に、私たちは、
専門的な技術力と人間力の向上の両立を
目指しています。

そして、この事務所で働くスタッフが、
「日本で一番」お客様の為に、
心からイキイキ・ワクワク働き甲斐を持って
仕事に取り組めるチーム創りを目指しています。

日本一という高い志を実現するには、
「熱い情熱」と「強い意志」が必要となります。

「日本一」と言っても
売上高や事務所の規模・社員数でありません。

私たちの理想とする組織は
もっと別の次元の
高いところにあります。

日本で一番になるための第一歩の道のりは
人間力(人格)の成長です。

日本一になるには

  • 「明るい挨拶をする」
  • 「礼儀を重んじる」
  • 「情熱や熱意を持つ」
  • 「素直さ・謙虚さを大切にする」
  • 「お客様に貢献するために一生懸命やる」


という正しい考え方に基づく行動からはじまります。

人間力の成長が全てのスタートです。

社員という「人」を育てることから、
お客様への正しいサービスがはじまります。

ビジョン税理士法人では
お客様第一主義を追求し、
そして、
一緒に働く従業員を大切にし、
「人間として何が正しいのか?」から考えます。

事務所の雰囲気(動画)

提案型のビジョン税理士法人ご紹介ムービーです。スタッフや代表、所内の雰囲気がお分かりになると思います。当所でのお打ち合わせには、ウェルカムボードとドリンクメニューをご用意してお待ちしております。経営のパートナーとしてぜひお付き合いください

ビジョン税理士法人の特徴

私たちは、
横浜市、並びに神奈川県地域の
中小企業を明るい未来へと導くサポーターです。

家庭でもホームドクターが必要なように、
経営者は身近にいつでも気軽に
何でも気軽に話をできる税理士を見つけておくことが大切です。

税金のことは勿論、
税金以外のことについても
何でも気軽に相談できるお客様とパートナーの関係性を目指しております。

税金関係については、
スムーズな手続きのサポートからはじまり
定期的な打合せ、
気軽な相談、レスポンスの早さ、
親身で、丁寧な対応を心掛けております。

さらに、銀行融資などの資金調達の支援や
会計の数字を経営に活かすお手伝いが得意な税理士法人です。

税務署に提出する為に税理士が作成した決算書の数字には
経営に活かせる情報が沢山詰まっています。

  • 「会社が生き残るためには、どれくらい売上を稼げばいいのか?」
  • 「あとどれくらい利益を稼げばいいのか?」
  • 「今後会社をどのような方向に向かわせていくべきか?」
  • 「うちの会社の強みは?弱みは?」
  • 「資金はどれくらいあればいいのか?」

さらに、例えば
経営について・・・
人手不足や採用、退職の悩みについて・・・
資金調達や融資について・・・
社員10人の壁を超えたいが、停滞している・・・
3年後、5年後の会社の未来について・・・

そんな時は、
社長の身近な掛り付け税理士
提案型の横浜の税理士に、ぜひ相談して下さい。

ビジョン税理士法人では、
お客様とのコミュニケーションと真の信頼関係を大切にし、
どうしたらお客様の会社がもっと良くなるのか
という視点からサポートをすることを、
心がけております。

私たちの特徴として、
税金や経理関係の支援や融資関係の支援は勿論ですが
ビジョン式「月次決算」と「経営計画」を活用して
会社経営の刺激と情報提供を社長に行い、
お客様の会社の明るい未来創りを
サポートすることが大好きな税理士法人です。

税理士法人とお客様との関係は、
相互に信頼関係が築けてはじめて
経営に役に立つサービスの
提供が出来ると考えています。

当税理士法人は、
中小企業の経営者にとって
身近な掛り付け税理士として、
さらに、
横浜・神奈川県内の中小企業経営のトータルサポーターとしての
税理士法人を目指しています。

ビジョン税理士法人への業務依頼・ご相談の方法が知りたい!と思ったら

ビジョン税理士法人は、地元横浜に愛着を持ち、親切・丁寧、お客様一人一人を大切にすることを心掛けている税理士法人です。
些細なことでも構いません。ぜひお気軽にお問合せ下さい。

ビジョン税理士法人と一般的な税理士事務所との違いは?

tokucho2_1

会社が、将来どうなるか分からないから、生き残る方法を考える、ビジョン式「経営計画書」

tokucho2_2

会社が、将来どうなるか分からないから、生き残る方法を考える、ビジョン式「経営計画書」

一般的な税理士事務所

一般的な他の税理士事務所は、
過去を見て、税務署に提出するための資料作りと集計作業を主な業務としています。

 

「ビジョン税理士法人」

ビジョン税理士法人は、
親身で、丁寧な対応をすることを基本としています。

そして、手元資金を減らす目先の安易な節税よりも、
キャッシュの最大化を目指し、
長期的に安定成長する会社経営を支援
する事が、
税理士としてのサービスだと考えています。

ビジョン税理士法人では、
未来を見て、
明るくワクワクする、良い会社創りのお手伝いします!

その為に、ビジョン式「月次決算」×「経営計画」で、
お客様の縁の下の応援団長として、裏方から支えます。

 

ビジョン税理士法人は
下記のような「お悩みを持つ社長」に最適な税理士法人です!

社長は、どんなお悩みをお持ちですか?・・・・

  1. 税務署に提出している決算書を、経営に活かしたい。
  2. 儲かってもお金が残らない。何故だ!
  3. 税理士と一緒に、将来の経営について考えて欲しい。
  4. 社員10人の壁を、越えられない。
  5. 経営計画を作りたいが、経営計画書の作り方が分からないので、一緒に作成して欲しい。
  6. 「売上の目標」や「利益の目標」を税理士と一緒に立てて欲しい。
  7. 自分の会社は「いいの?」「悪いの?」「どれくらいなのか?」客観的な評価を聞きたい。
  8. 社員の事でいつも悩んでいる。
  9. 社長だけが休みなく全力で働いているが、これから組織化を進めて行きたい。
  10. 銀行融資の支援を税理士にして欲しい。

現在の税理士に対する不満は・・・・

  1. 先代からの付き合いの税理士で、話が噛み合わない。
  2. 決算直前にならないと納税額が分からない。
  3. 税理士との打合せがない。税理士から放置されており、連絡が来ない。
  4. 急に納税額を言われて、困る。
  5. 税理士との世代間のギャップを感じるため、コミュニケーションが取れない。
  6. 税金の計算だけで、何も提案も、アドバイスもない。
  7. 税理士に何でも気軽に相談できる感じではない。
  8. 税理士のレスポンスが遅い
  9. 未来に向けて、税理士と一緒に考えて欲しい。
  10. 税理士から過去の試算表の説明が単調で、経営に活かせない。
  11. 担当者のレベルが低い。

私たちは、こんなお悩みを持つ社長のお役に立てます!

  1. 利益が出ているのに、お金がないのはなぜか?
  2. 預貯金額は、どれくらいあればいいのか?
  3. 黒字にするには、売上をあと幾ら頑張ればいいのか?
  4. 会社が生き残るためには、どれくらい売上を稼げばいいのか?
  5. 販売単価・販売数量・売上原価・固定費のどこを改善すれば利益が出るのか?
  6. 今後会社をどのような方向に向かわせていくべきか?
  7. 目標達成したいと考えているのに、その思いが社員に伝わらない?

ビジョン税理士法人は、地元横浜に愛着を持ち、親切・丁寧、お客様一人一人を大切にすることを心掛けている税理士法人です。

ビジョン税理士法人は、お客様の売上と利益・成長発展と
ワクワクする中小企業創りに貢献しています!

お客様の支援成果の一例

  1. 年商3000万円の個人事業者が、僅か3年で年商3億円にまで成長中の会社
  2. 年商2000万円の20代の個人事業者が、僅か5年で年商5億円にまで成長している会社
  3. 税理士をビジョン税理士法人に変更後、僅か4年で年商2億円から年商5億円に成長
  4. 税理士をビジョン税理士法人に変更後、年商3億円から年商10億円に成長している会社
  5. 税理士変更前は、利益が赤字の会社が、税理士変更後に僅か4年で営業利益1億円達成
  6. ビジョン税理士法人と契約当初は売上0円だったが、年商20億円以上に成長した横浜の会社
  7. ビジョン税理士法人と契約当初は年商300万円の個人事業者が、年商6億円まで成長した横浜の会社

私たちは、一社一社目の前のお客様を大切して、
真剣に、全力でお仕事をさせて頂いております。

業績を上げることに熱心で、
一緒に働く仲間である社員や外注を大切にし、
これから真剣に良い会社創りをしたいと強く望む方とのみ、
ぜひ一緒に仕事をしたいと考えております。

ビジョン税理士法人への業務依頼・ご相談の方法が知りたい!と思ったら

社長の悩みに対して、
最強の「二つの道具(アイテム)」で応援します!

そのための手段が、
ビジョン式「月次決算書」×「経営計画書」です。

未来会計のビジョン式「月次決算書」は【会計を経営に活かします!】

  • 税理士が作成した数字を、経営に活かしていますか?
  • 税務署に提出した決算書を、経営に活かしていますか?

会計の本来の役割は、過去の数字の結果を読み取り
社長が、未来に向けて経営を行う手掛かりとするものです。

社長が、税理士が作成した決算書や試算表を見て
これから会社を「どうすればいいの?」と分かるものでないと
会計の本来の役割を果たしているとは言えません。

社長が、自分の会社の決算書や試算表を見て
「今後どうすればいいのか?」分からないようであれば、
税理士が作成した決算書は、
社長が経営をする為の決算書ではなく、税務署と税理士の為の決算書です。

新たな期をスタートするときに、
今期の売上はこれくらいで、利益も出るように頑張ろうと思った社長も
決算が近づくと
「税金多くない?」
「もっと利益減らせないの?!」
と税理士に聞きます。

利益の最大化を目指すと、税金も多くなるからです。

期のスタート時に売上と利益の最大化を決意した社長が、
決算が近づくと、
反対に税金を抑える為に、利益の最小化を目指してしまうのです。

この現象は、
会社に存在する預貯金額や社長のイメージする利益額と
税理士が伝える利益額に、
乖離があるために起こります。

社長の、「税理士から利益が出たと言われたのに、なぜ会社にお金が無いの?」
という疑問に対して、丁寧に解説し明確にし、
内部留保をして、倒産しない会社創りを目指しています。

私たち税理士にお客様が求めていることは
税金を正しく計算すること、
数字を集計すること、
税務調査の不安を取り除くこと
税金や経理のアドバイスやサポートをすることなど、
様々ですが
税理士の重要な役割は、
「倒産しない会社創り」と「明るい未来に向けた会社創り」
のお手伝いだと、私たちは考えています。

さらに
「明るい未来に向けた会社創り」という観点から税理士の役割を考えると
決算書を「経営に役立つ会計」という視点から、
支出について
投資なのか、費用なのか?
同じ支出でも、見方によって経営に対する考え方が異なります。

例えば、
電話料金やコピーのカウンター料金は、
将来への投資ではなく単なる費用であるために
安ければ安い方がいいです。

しかし、一方で
社員教育の為の研修費は費用ですか?将来への投資ですか?
採用費は、費用ですか?将来への投資ですか?
広告宣伝費は費用ですか?将来への投資ですか?

会社の将来の収益に貢献する支出は
将来への投資となります。

コスト削減をする場合は、
優先順位を考えず
一律全ての支出を削減して、将来の投資も削減するケースがあります。

もし会社の資金が厳しい場合に優先的に削減するのは、投資ではなく費用です。

同じ決算書でも、税務署に提出用の決算書をそのまま見ていると
経営に役立たない決算書です。

しかし、同じ支出でも、
削減すべき費用と将来の投資を明確に区別することで、経営に役立つ決算書となります。

投資と費用という違う見方をして、
視点を変える事で、投資なのか、費用であるのかが見えてきて、
同じ数字でも、経営に対する決算書の解釈がことなります。

「投資は削るな」「費用は削れ」という考え方があります。

経営に役立たない決算書では、
投資と費用について、区別がされていません。

また、会計について経営の視点から考えると
お金の削り方を考えるんだったら、お金の使い方を考える

投資を削ったら、何もリターンが生まれません。
投資とは将来に渡って効果があるものであり、費用は単なるコストです。

仮に、売上が下がった場合に、どうとらえるか?
社長がどうすればいいの?という問いについて
会計的に答えることが税理士としては大切です。

売上が下がった原因は、
単価が下がったのか、客数が減ったのか、新規客が減ったのか、既存客が減ったのか
客数が変わらないのに、売上が減った、単価が何で下がったのか?

さらに、値決めを考える場合に
ライバル他社との競争があるから値下げをするのか、
又は、値上げをするためにどのようにすればいいのかを考えるのは別物です。
値上げの為には、人との差別化や工夫が必要です。

会計の数字を見て、
社長が未来に向かって何をすべきかが、見えてくるのが本来の会計の役割です。

もし、決算書を見ても未来に向かってなすべきことが、何も見えてこないのであれば、
税務署や銀行や税理士のための決算書であり、
社長が会社経営をする為の会計ではなく、本来の会計の役割を果たせていません。

私たちは「数字が苦手な社長でも、会計を経営に活かせるように」

図やグラフを使って「分かりやすい説明」と「分かりやすい資料」で、
経営に活かして頂きます。

会社の数字には

  • 「会社が生き残るためには、どれくらい売上を稼げばいいのか?」
  • 「あと、どれくらい利益を稼げばいいのか?」
  • 「今後、会社をどのような方向に向かわせていくべきか?」
  • 「うちの会社の強みは?弱みは?」
  • 「資金は、どれくらいあればいいのか?」

など経営判断に必要な情報が沢山詰まっています。

しかし、税務署に提出した決算の申告書は、
税務署が税金を徴収するため書類で、
税務署目線の資料となっています。

そこで、
貴重な経営情報が沢山詰まっている会計データを、
社長が正しい経営判断と会社の舵取りをする為に役立つように、
見方や角度、
資料を少し変えることで、
様々な経営情報が浮かび上がってきます。

経営は、大海原を航海しているようなものです。

社長が経営の判断を誤ると会社は迷子になり、
大海原で漂流します。

会計の数字は、
社長が正しい経営判断をする為の羅針盤です。

社長は、自分の会社の数字を正しく読み解きながら

  • 「アクセルを強めに踏み込み、グイグイ攻めるべきタイミングか?」
  • 「今は攻めず、ニュートラルな状態を保つタイミングか?」
  • 「今は人や組織を固めるために、ブレーキを掛けるタイミングなのか?」

を正しく経営判断する必要があります。

会計データには、経営に役立つ情報が沢山詰まっています。

しかし、
ただ数字の羅列を眺めているだけでは、
経営に役立つ数字は浮かび上がりません。

会計の数字を、
角度を変え、
見方を変えることによって、
会社経営に役立つ情報が浮かび上がって来ます。

社長が経営判断をする際に必要となる会計の情報を
会計が苦手な社長でも分かるように、
グラフや図にして視覚的に、
数字が苦手な社長でも、
経営に活かせるように、ビジョン税理士法人では資料を作っています。

そして私たちの税理士法人では、お客様に丁寧に説明させて頂き、
社長の皆様には様々な気づきを得て頂けるように、心掛けております。

月次決算書

数字が苦手な社長でも大丈夫です。

数字を経営に活かせます。

ビジョン式月次決算書の表紙が
「青色なら黒字!」
「赤色なら赤字!」
表紙の色を見ただけで、
その月の業績が分かります。

社長の疑問を解消し、
「打つ手」が分かるのが、
未来会計に基づくビジョン税理士法人オリジナルの「月次決算書」!

「どこに手を打っていくのか?」会社の未来を考えて頂きます。

ワクワクしない会社経営は、つまらないですよね!

ビジョン税理士法人は、
お客様の100年経営とワクワクする中小企業創りを応援します。

 

 

 

 

レーダーチャート

 

賃借対照表構成図、損益計算書構成図

 

 

年計グラフ(売上高・粗利益・固定費)

 

よく経営者の方から

「税理士事務所の資料は、数字ばかりでわからない」とか、
「税理士事務所の担当者の説明が、専門用語ばかりで理解できない」
さらには「税理士事務所の対応が悪く、感じが悪い」

という声をお聞きします。

ビジョン税理士法人は
未来会計に基づく、ビジョン式「月次決算書」や
「社長の成績表」という資料を使用します。

その資料は、税理士というプロの視点から社長に分かり易く
経営に対する気づきを与えられるように、
ご説明致します。

また、私たちは
「数字が苦手な社長が、
数字を経営に活かせるように」、
外部研修と社内研修を毎月数回行っています。

どのように社長に説明すれば、
数字が苦手な社長が
ビジョン式「月次決算」を経営に活かせるのか?
横浜・神奈川県内のお客様の成果に貢献できるように、
熱心にスタッフ一同
学び努力を続けております。

 

 

お金に色はありません。
あなたの財布にあるお金は、給与からのお金ですか?借入したお金ですか?
資金別貸借対照表では、会社のお金を4つに色分けします。

資金別貸借対照表で、お金に色を付ける!

  • 創業以来設けてきた資金
  • 借入と長期投資の資金
  • 回収と支払いのサイト差
  • すぐに出て行く目の前の資金

目の前にある資金が、色分けすることで、開業から儲けた資金ではなく、銀行から借り入れた資金が、自社の銀行にあるだけであることに、多くの社長は気づきます。
倒産しない会社創りの為に必要なことが、自社の数字を資金別貸借対照表に当てはめてみると、良く分かります。
まずは、自分の会社の数字を正しく理解するから、未来にすべきことが見えて来ます。

 

格付け表

ビジョン式「月次決算書」と一般的な税理士事務所の試算表の違い

未来会計のビジョン式「月次決算書」一般的な税理士の試算表
どこに手を打てば利益が出るのか?が分かる単なる数字の羅列
社長が経営判断に活かすための会計資料(会社側目線)税務署に提出するための準備資料(税務署目線)
グラフや図を用いて、ビジュアル的で分かりやすい入力した数字データを表に出力して印刷
未来に向かって経営を考える為の会計
(会社の為の資料)
過去の実績数字の確認。税務署の為の資料
(税務署と税理士の為の資料)
利益が出ているのに、なぜお金がないのか?が分かるキャッシュフロー計算書がない
財務体質を改善するアドバイスができる残高が正しいかをチェックするための資料
資金から会社の健康状態が分かる資金不足の原因が一見して分かりにくい
預貯金額は、どれくらいあればいいのかが分かる適正な預貯金額は、知識がないと分からない。
販売単価・販売数量・売上原価・固定費のどこを改善すれば利益が出るのかが、分かるようになる全体の売上や利益で集計されているので、経営に活かせない
損益の推移が一覧になっているため、分かりやすい単年度の損益計算書であるため、比較しにくい
変動損益計算書で経営に活かせる利益計画全部原価計算なので利益計画が作りにくい
折れ線グラフ年計表で、未来への傾向が読み取れる税務署と税理士用の試算表である為、過去の数字の羅列であり、未来が読めない

ビジョン税理士法人への業務依頼・ご相談の方法が知りたい!と思ったら

ビジョン税理士法人は、地元横浜に愛着を持ち、親切・丁寧、お客様一人一人を大切にすることを心掛けている横浜の税理士法人です。(代表税理士が横浜市戸塚区の出身です)

些細なことでも構いません。ぜひお気軽にお問合せ下さい。

ビジョン式「月次決算書」の未来会計とは?

税務署に提出する為に税理士が作成した資料では、
「過去の数字を確認」するだけに終わることが殆どです。

しかし、過去の数字を確認するだけでは、
未来に向けて明るい未来像は描けません。

会社の未来は、自分たちで切り開くものです。

 

過去の数字を把握して
「あと〇〇を、△△すれば、◎◎になる!」

私たちは未来会計を活用して、
社長の応援団長として、
本気で社長の背中を後押しします。

今の税理士は、
「あなたの会社の未来をワクワクさせてくれますか?」

「未来会計」とは、
これからの未来に向かって、
現在と社長が描く未来像の差を認識し、
自社の収益構造を把握し、
見える化し、
どこに手を打てば、効果的に利益が出るのかを知り、
未来に向けて手を打つ為の、会計です。

例えば、
「あと一日当たりのお客様数を、3人増やせば、利益が3倍になる!」

私たちの未来会計は、
お客様の会社の数字に当てはめて、
未来に向けて社長と一緒に考えます。

これに対して「過去会計」とは、
税務署や金融機関に提出する目的で作成する決算書のことです。

過去会計の典型例とは・・・

  • 交際費が、昨年よりも△△増えましたね。
  • 去年より利益が△△増えて、税金がXX円増えたので残念でしたね。

これらの事は、
損益計算書を眺めれば、誰でも分かります。

これは、過去の数字の単なる比較であり、
これが過去会計の典型です。

 

未来会計過去会計

 

ビジョン税理士法人の月次決算書は

  • 「未来会計図表」
  • 「資金別貸借対照表」
  • 「キャッシュフロー計算書」

の3つが主な資料となります。

過去の確認も大切ですが、
これからの会社の未来に向かって考えることは、
もっと大切です。

「未来会計図表」は、
利益構造を見える化し
、数字が苦手な経営者でも
自分の会社の利益構造が分かる図です。

会社の将来を考えるには
「未来会計図表」「資金別貸借対照表」が最適です。

ビジョン式月次決算書には、
会社の本当の利益構造を正しく把握します。

「損益計算書を、組み替えて見える化」し、
会計の未来を考えられる「未来会計図表」が大切な鍵となります。

自分の会社の利益構造を正しく把握すること抜きでは、
会社の将来を数字で考えることはできません。

また、自分の会社のお金を増やす為には
「資金別貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」を使います。

「いま会社にあるお金がどこから発生して、何に使われているのか?」
「お金はどこへ消えているのか?」
「利益はでているのになぜお金は増えないのか?」など、

ビジョン式月次決算書は
数字が苦手な社長でも
社長自身が、自分の会社を理解できる道具です。

お金が残る、強い会社作りをする為の道具です。

全ての月次決算の資料を、社長にただお渡しするだけではありません。

プロの視点から、
社長が、理解して数字を経営に活かせるように
直接、じっくりご説明をさせて頂きます!

ビジョン税理士法人への業務依頼・ご相談の方法が知りたい!と思ったら

ビジョン式「経営計画書」は、高収益型の事業構造を造るための魔法の書!

~僅か3年で利益が10倍になった経営計画書~

経営計画書

経営計画書は、
社長の事業経営に対する夢や想いを記述した
会社が未来に向けて成長・発展するための設計図です。

高収益型の事業構造を創るための「魔法の書」です。

会社における3年後、5年後における
会社の未来像、戦略・戦術・数字について、
社長自らが筆をとり、
精魂を込めて経営計画書を作成して頂く為の
サポートをします。

「社長の仕事は経営計画書の作成がすべてである」

経営コンサルタントの第一人者でもある、一倉先生の言葉です。

社長の夢や希望を経営計画という形にすることで
社長の想いをビジョン化し、
社員と会社の未来像を共有することができます。

 

 

経営計画書を正しく作成して、
正しく活用すると、
社長が変わり、社員が変わり、会社が変わります。

ビジョン税理士法人では、
経営計画書の活用により
「僅か3年で利益が10倍」になりました。

そして、
会社が自動的に回るようになり、
経営者が本来の社長としての仕事ができる時間が増えました。

さらに社員との意思統一が進み、
社員が税理士事務所組織への参加意識が強まりました。

 

  • 3年で利益が10倍になった
  • 会社が自動で動き出す
  • 社員が率先して働きだす
  • 社長としての時間が取れるようになる
  • 社員10人の壁を超えられる

など、
経営計画書の正しい作成と正しい活用になり
会社経営に前向きな効果があります。

まさに、経営計画書の凄い効果を実感したのが、
私たち、ビジョン税理士法人です。

私たちの税理士法人は、経営計画書を導入する前まで

  • 職員の退職に悩み
  • 採用に悩み
  • 売上に悩み
  • お金に悩み
  • 商品やサービスに悩み

代表が社長本来の仕事をせずに、今日・明日・明後日の仕事に没頭してきました。

しかし、経営計画書の作成と活用により、
代表自身の考え方が変わり、
会社が変わり、
社員が徐々に変わりはじめました。

社長が描く理想の会社になるように、
私たちが実体験に基づき
「経営計画書」の正しい作成と正しい活用方法を
サポートさせて頂きます。

 

ビジョン式「経営計画書」と他社の経営計画書作成指導の違い

 

ビジョン式「経営計画書」他社の経営計画書
方針編と数字編の両方がミックスした経営計画書方針、または数字のいずれかに偏っている
事業規模・組織と社員の未来像を中心に作成指導会社のルール作りを中心に作成指導
必達の利益から逆算して、利益計画を作る昨年の売上と比較して、利益計画を作る
お客様の会社が良くなる為に作成指導している自分の会社の収益確保の為に作成指導
低料金で作成できる高額で中小企業には費用負担が重い
自分の会社でも経営計画書を実践している経営計画書の作成指導が中心
自社が経営計画書作成と活用により、会社が変わった自社での経営計画書の作成と活用が不明瞭
個別に作成をサポート集合研修方式で作成
魂の入った経営計画書を作成指導単なる数字の羅列で会社は以前と何ら変わらない

 

下記に、ビジョン税理士法人の経営計画書の一部を掲載しました。

ミッション・使命感

お客様の百年経営

ワクワクする中小企業創りを応援します。

ビジョン・志

お客様への貢献と信頼で、頼りにされる税理士事務所、
日本でNo.1になる!

経営理念

お客様第一主義

私たちと関わる全ての会社が「良い会社」になること。
徹底的に顧客満足を追求し,お客様に喜ばれ,感謝される仕事をする。

従業員第一主義

お客様の為に熱き使命感に燃え、人格を高め、働き甲斐と生き甲斐のある会社になる。
そして、心も経済的にも、両面が幸福な人生にする。

  1. お客様とは、単に「商品を買ってくれる人」ではなく、「保護して、寄り添い、明るい未来を見せてあげる人」である。お客様とパートナーの関係性を目指し、常にお客様の立場になって物事を考え、寄り添うことで信頼関係を構築する。
  2. 従業員とは、経営理念と経営方針を理解した上で、この事務所に愛社精神を持っているチームのメンバーである。事務所・所長の方針・考え方を理解・賛同し、指示を実施実行し、お客様のためと事務所のために、熱き想いで、全力でお客様志向の仕事をする人である。

経営理念のコラム

  • ビジョン税理士法人は、何のために存在しているのか?
  • ビジョン税理士法人が存在する目的・意義は何であるのか?

私は、親の影響で就いた税理士の仕事ですが、税理士の仕事をしていくと、一生懸命やればやる程、お客様から喜ばれ、それが自分の喜びとなり、さらに仕事が楽しくなり、自分の生きがいとなり、益々この仕事が好きになっていきました。

私は、税務や会計を基軸として、中小企業を支援するという、税理士の仕事が大好きで、税理士の仕事に就けて心から良かったと実感じています。

経営理念や使命感とは何かと考えると、経営理念・使命感とは会社の存在理由であり、何のためにこの仕事をしているのか?

何のためにこの会社は存在しているのか?という問いであり、経営理念・使命感は永遠に追求する姿勢、そのものです。

私たちと関わる全ての会社が「良い会社」になって頂くことが、私たちの目的です。

その為に、この事務所で働く一人一人が、お客様に寄り添い、お客様第一主義を追求し、実践し、熱い想いでお客様に良い仕事をし続けると、お客様から感謝され、喜んで頂けるようになり、さらに益々仕事が楽しくなります。

そして一緒に働くメンバー一人一人も、仕事に遣り甲斐いを感じ、さらに熱意をもって仕事ができるようになり、もっと仕事が楽しくなります。

お客様第一主義の実行により、お客様に喜んで頂けた結果として「従業員が働き甲斐と生き甲斐を持てる事務所」になり、「従業員第一主義」が実現できます。

もっと学び、もっとお客様第一主義(顧客の創造)を実践して、正しい努力を積み重ね、お客様に良い仕事を提供し続けると、結果として、会社は儲かるようになり、そして給与もアップし、経済的にも豊かになります。

「仕事の遣り甲斐を通じて、結果的に一人一人の心と経済面の両面から、人生が豊かになります」

私たちはお金を儲けることが目的ではなく、お客様の会社が良い会社になって頂き、幸せになって頂くことが、目的です。

売上や利益は会社の目的ではなく、売上や利益はこの事務所を存続させるための事業存続費です。

そして、私たちがお客様視点の良い商品とサービスをお客様に提供した結果、お客様の会社が良くなり、そして結果的に事務所と従業員個人の心と経済的な両面で豊かになることが実現できます。

本気で仕事ができる事務所創り

(一部抜粋)

仕事に生き甲斐・遣り甲斐を感じ、従業員が幸せになる事務所

10年・20年後における長期的な視点で、時代環境の変化を読み取り、短期的な視点よりも長期的な視点で、事務所創りを行います。
そして、長期雇用を基本として、従業員とお客様を大切にし、昔ながらの終身雇用で長寿企業に共通する「日本的経営」を目指します。

ビジョン税理士法人の目的は、お客様満足を追求し、仕事での遣り甲斐を通じて、従業員を幸せをし、社会貢献することです。
目標の売上・利益は、お客様に良いサービスをした結果としての指標で、会社の成長も、目的ではなく手段です。

事業は利益をあげることが目的と考えられていますが、それは的外れで、企業があげるべきは利益ではなく、事業を続けるための費用です。

企業が利益を確保しなければならないのは、事業を進める為に必要な費用は自分たちで、なんとかしなければならないからです。

利益とは、事務所を守るためのコストです。

利益を蓄積することによって、災害、事故、損害賠償等から従業員と家族を守ります。利益の蓄積は純資産と現預金です。
一人当たり500万円の純資産と1年分の固定費を預金で持つ税理士事務所にします。

ビジョン税理士法人は誰のものか?それは全従業員の税理士法人です。

会社は従業員の労苦に報いるために発展し、利益を出さなければなりません。

お客様に喜ばれる税理士法人、全スタッフが心から幸せを感じられる税理士法人にすることが、この税理士法人の存在理由です。

全スタッフがお互い深い信頼関係で繋がれ、価値観が共有化され、お客様を大切にする社風の税理士法人をみんなで創りましょう。

・・・以下省略・・・

14の行動指針

(一部抜粋)
笑顔、全力、ワクワク、熱意、謙虚、素直

1.お客様第一主義

お客様が企業の総てである。

2.情熱、熱意、執念

情熱とは自らが燃えている状態を指す。熱意は伝染する。そして、人を動かす。

3.毎日0.1%の成長

小さな事を正しい考え方でコツコツ積み重ねる。日々努力して0.1%ずつ成長する。毎日0.1%「1/1000]成長を続けることで、10年経過すると38倍の成長になる。正しい努力を10間年続けたら10年後の実力は雲泥の差です。コピー用紙も1枚は0.1mmだが、1000枚重ねると10cmになる。

4. 原理・原則を守る

何が正しいか、物事の本質を見る。そして目的から物事を考えて下さい。

5. 仕事で嘘をつかない。正直な仕事をする。

失敗・ミスはつきものです。しかし、常にお客様にも仲間にも正直に報告し、誠実に対応しましょう。正直が最高の解決策です。

6.時間の使い方とモノを大切にする

時間の使い方を考え、大切にする。時間も物も、もったいないという生き方をする。

7.報・連・相

報・連・相は信頼の行動。いくら仕事が出来ても報・連・相のない人は信頼されない。報・連・相は人と人とをつなぐ信頼の架け橋。

8.挨拶と「ありがとう」「感謝しています」「明るい笑顔」

日々感謝の気持ちを持つ。小さな事でもお礼を言う。ありがとう・感謝していますは相手を元気づける最高の言葉。家族・仕事仲間・友達を大切にする。

9.謙虚と素直

謙虚とは「教えてください」という姿勢で、他人に素直に学ぶ姿勢があること。謙虚は頭のよさを上回ります。どんなに頭が良い人であっても、謙虚な人には勝てません。人生で成功する人、生き残れる人は、謙虚な人です。人格の高い人ほど、相手に対して態度が謙虚。

10.売上最大、経費最小

利益とは売上と経費の差額で、結果である。売上を最大にし、経費を最小にするための努力を、日々創意工夫をこらしながら粘り強く続けていくこと。

11. 人として何が正しいのか?

損得ではなく、人として正しいか?我が子に、自分が行っていること胸を張って伝えられのるか、我が子にその行為をさせられるのか、を基準とする。

12.日々真剣勝負。本気で仕事をする

本気でやれば、大概(たいがい)は出来ます。全力で努力すると自信と力が身につきます。目標を高くし、常に一所懸命、本気で仕事をすることが大事です。

13.志を共にする

志を共にし、価値観が合うメンバーが集まると、居心地良く、仕事が楽しく、全力でお客様に商品サービスを提供することができます。

14.一人の100歩よりも、100人の一歩

1人の力よりもみんなの力を信じる。
1人で悩むよりは100人で悩み「衆知を集める」。1人の知恵よりもみんなの知恵。

【※社内で活用している経営計画書は、著名な方の言葉や考え方を多数お借りしております】

経営計画発表にあたって

(一部抜粋)

ビジョン税理士法人は、働く仲間とお客様の幸せを実現する場所です。

ビジョン税理士法人は、お客様満足を提供できているのか、そして心からイキイキ、ワクワクと働けているのか?このビジョン税理士法人で働くことで、お客様と働く仲間である「人」が幸せになれているのか?をという問いが、経営そのものだと思っています。

そして、私たちは外部にいるお客様に貢献することによってのみ、社会に存続することが許されます。
そして、お客様から必要とされる企業のみが生き残れます。

このビジョン税理士法人が目指す理想の姿は、社員一人一人がお客様満足を全力で追求し、ヘトヘトになるまで精一杯、お客様のために働きながらも、働き甲斐と生き甲斐を心から実感でき、そして仕事での充実を通じて、一人一人が仕事でも、プライベートでも充実した、幸せな人生を実現することです。

組織は、人間を単なる経済の歯車にすることではなく、お客様に貢献し、働く仲間を幸せにすることが、ビジネスの根源です。
ビジョン税理士法人の全てのメンバーがお客様視点で熱く燃え、一緒に働く仲間が幸せになる組織が、私が目指している事務所です。

そして、この事務所のリーダーである私の責任は、この事務所の使命を浸透させ、働く仲間を活かし、魂を輝かせ、高い志と誇りを持てる事務所し、そして成果を上げることが私の責任です。

日々挑戦的に、創造的に、私たちは成長します。

今年は、経営計画書の最初のページに、ビジョナリーカンパニー2の文章を掲載しました。

<グッドはグレートの敵である>

  • 偉大な人生を送る人がめったにいないのは、かなりの部分、平凡な人生に満足すれば気楽だからだ。
  • 偉大な企業がめったにないのは、まさに、ほとんどの企業がそこそこ良い企業になるからだ。「ここに、大部分の企業の問題がある」

グッドはグレートの敵です。
一人前は、一流の敵です。
人は社会に出ると、最初はみんな半人前ですが、社会に出て努力を続けると、いずれ一人前になれる時が来ます。
世の中の多くの人は、半人前のときは、一人前になるまでは必死に頑張りますが、一人前になると、その努力のスピードがマイペースになり、減速します。

一人前になると、社会からそこそこ評価されて、そこそこ食えるようになり、ボチボチ仕事ができるようになるから、誰も文句を言わなくなるので、本人もこれでいいかと思い、進歩が止まります。

しかし、一人前になった後も、正しい努力を積み重ね続けると、誰でも一流になれます。

人や会社が成功するかどうかは、紙一重の差であり、それは「正しい努力」と「積み重ね」の差です。
毎日0.1%の成長が、10年後には38倍の成長に繋がります。

ノーベル賞をとるような人は、だいたい不器用なので、不器用な人は一人前になるのが遅く、自分でも不器用であることを知っているので、一人前になった後も必死に努力を続けます。

このビジョン税理士法人は不器用な組織ですが、謙虚に、コツコツと学び続け、努力を積み重ねます。
世の中が求める変化のスピードで、学びを積み重ねることが、私たちの生き残る道です。
この税理士事務所は、やっと成長が始まった段階です。
これからがブレイクスルー(弾み車の法則)のはじまりです。
未来への可能性は無限大だと、心から信じています。

論語に「日に三たび吾が身を省みる(ひに、みたび、わがみをかへりみる)」という言葉があります。
この言葉は「毎日何度も我が身について反省する」という意味ですが、人間は、日々反省し、その後何かを掴むことが大切です。

この事務所では、常に反省をし続けながら、ボチボチな事務所からグレートな事務所を目指します。
平凡で、気楽で、無難で、そこそこ良い税理士事務所から、グレートな税理士事務所を目指します。

「お客様の百年経営とワクワクする中小企業創りを応援する」という使命に向かって、一緒にお客様のために、本気でワクワクしながら仕事をできる税理士法人にします。
そして、お客様と働く仲間が、心から幸せになれる税理士法人を目指します。

私たちは常に強い危機感を持ち続けながら、気持ち一層引き締め、着実に一歩一歩、成長を続けます。
さらに環境変化を機会として、お客様志向で、市場の変化を掴み、新たな価値創造にも挑戦し続けます。

・・・以下省略・・・

採用に関する方針

(一部抜粋)
採用は当社の生命線

1.基本

  1.  ビジョン税理士法人と価値観を共有でき、税理士事務所の仕事に向いている人を人間性と資質を重視して採用する。税理士事務所の職員に必要となる技術は、素直に学ぶ姿勢と学習する習慣があれば、入社後でも本人の熱意と努力により身に付く。
  2. 定着率を高める。
  3. 丁度よい状態はない。いつもアンバランスが良い。みんなの要求に従えば、倍の人数でも尚、足りない。
  4. 若年層の未経験を中心に採用する。
  5. 短期的な勤務や税理士の資格取得後一緒に働く意思の無いものは、採用しない。定年まで働く意思のある者のみを採用する。

2.採用方針・採用基準

  1. 採用基準は人間性・人柄と素頭の良さで、教育により育てる。採用費用はコストでなく将来の投資である。
  2. 従業員の採用最終決定は、税理士法人の所長が行う。
  3. 人間の資質を変えるのは難しい。人柄重視・資質で採用し、技術は教える。
    • 素直か、謙虚か
    • 地頭は良いか?
    • お客様である社長と、将来的に話せそうか?コミュニケーション能力はあるか?
    • 規律があるか?規律があれば管理が不要になる、
    • 長期的な勤務をする意思があるか?
    • 働くことを目的としているか?
    • 資質は明るいか?
    • 人と話をするのが好きか、人が好きか?
    • 話す相手のペースに合わせられるか? 人の話を聞けるか?
    • 心の中に種火を持っていて、自分で自分のやる気に火を付けられるか?
    • 喜ばれることが好きか?

3.採用選考の原則

  1. 疑問があれば採用せず、適切な人を探し続ける。
  2. 選考は新卒・人手不足時における中途であろうとも、決して妥協してはならない。専門的な技術に目を奪われ、不適切な人・採用条件に合わない人は決して採用してはならない。一人の採用の誤りが、税理士事務所内の混乱を引き起こす。
  3. 選考初期は迷ったら上げる。選考後期は迷ったら落とす。
  4. 二次選考以降はMUST基準を満たしている応募者のみを上げる。
  5. 迷ったら落とす。不適切な人、疑問がある人は、決して採用してはならない。
  6. 中途経験者採用は、在職中・退職後も事務所を混乱させるため、特に注意を要する。ジャック・ウエルチ氏の考え方に従い、技術よりも価値観・思想を最優先する。採用は我が社の生命線です。
  7. 採用は、面接官全員が採用を了承したときのみとし、慎重に行う。
  8. 単にプライベートを充実させる手段で働く人、時間で仕事をする人を採用すると仕事が荒れるため、採用してはならない。人を喜ばせる事に関心がない人は自分にしか興味が無いため、「熱意を持ち・働くことが目的」とする人のみ採用する。

・・・以下省略・・・

経営計画書は「魔法の書」

会社の寿命は、一般的に5年から10年と言われています。
国税庁の発表では、10年後も生き残れる会社は100社中8社のみ(8%)です。

会社という乗り物で、
あなたや一緒に働いている社員を、
幸せな場所に連れて行ってくれる道具が、
ビジョン式の経営計画書です。

会社が、
長期的に安定成長をするための道具が、
経営計画書です。

中小企業の社長に
「経営計画書はありますか?」とお伺いすると
「無い」と答える社長が大多数を占めます。

社長の実感として
「経営計画書が無くても、会社は経営出来ているから大丈夫」
「これからも、どうにかなるから、大丈夫」
という認識だと思います。

しかし、ここまでの成長は、
社長自分一人で頑張れば、どうにかなった!

社員も目の届く範囲の人数であったため、
社長一人の技術力・専門的知識と営業力でどうにか会社を引っ張って来れた!

のではないでしょうか?

しかし、多くの中小企業では
社員10人前後の規模で、
会社の成長は止まります。

このことは、
あなたも薄々感じているのはないでしょうか。

社長一人の技術力だけで
社長一人が目の届く範囲内で、
会社組織を運営していくには、社員10人程度です。

会社の一定規模を超えて行くには、
限界があります。

次の上のステージを目指すには、
社長一人の技術と能力では限界があります。

しかし、
まだ組織が出来ていない状態で、
やみくもに採用して、
社員10人の壁を越えようとすると
様々な弊害が起こります。

急な社員の退職、
社員の雑な仕事、
社員のサボり社員が社長の言う事を聞かない、など・・・

一緒に働いている社員に、
社長が考える方針を理解してもらう必要があります。

社員と一致団結して、
社員に協力してもらう必要があります。

その為には、
会社の事業目的、
価値観の共有、
方向性の共有が必要です。

社長一人が出来ることは、ごく限られています。

社員には、
社長が考える会社の未来の姿や実現したい夢、
そして、
我が社は何を実現したくて、会社経営しているのか?
お客様にどのような価値を届けたいのか?
について共有して、
同じ方向を向いて、
一緒に進んでいく必要があります。

典型的なダメな例として、
経営理念を壁に貼り付け、
ただ唱和しているだけでは、会社は何も変わりません!

また
経営計画書を作成しただけで、
正しく活用しなくては、会社は何も変わりません。

参考までに、下記が1年間使った、弊税理士事務所の経営計画書です。

 

 

※2019年4月に組織変更した為、旧名称(鈴木税理士事務所)が表記されております。

 

経営計画書は、使うことで価値が生まれます。

経営計画書には、
「正しい作成方法」と「正しい活用方法」があります。

私たちが提供するビジョン式「経営計画書」は、
銀行に提出する、単なる数字の羅列の
「事業計画書」とは全く別物です。

経営環境が厳しい時代だからこそ、
経営計画の重要性が増しています。

「これからの将来がどうなるか分からない」からこそ、
経営計画が必要です。

経営計画書は
将来の目標を明確にし、
「必ず訪れる未来に向かって我が社は何をするべきか?」
「我が社が勝ち残る為に何をしなければならないか?」
を明確にする道具です。

そして、経営計画書は使うことが重要なポイントです。

数字による目標と経営方針の両方を網羅的にまとめ、
社員に、社長の「魂」の熱い想いを伝え
会社の未来の姿と実現したい夢を社員に明文化して伝える道具が
経営計画書です。

経営計画書を、ボロボロになるまで使い古し、
将来、素晴らしい会社になるための「唯一の道具」が
経営計画書です。

私たちは、個人商店的な税理士事務所ではなく、
組織で総合的に経営している横浜の税理士法人です。

よって、親切で、丁寧な税務のサポートだけに留まらず
経営計画書の作成から使い方までサポートする
横浜地域・神奈川県内では
数少ない税理士事務所のうちの一つです。

ビジョン税理士法人への業務依頼・ご相談の方法が知りたい!と思ったら

些細なことでも構いません。ぜひお気軽にお問合せ下さい。【横浜市戸塚区のビジョン税理士法人】

横浜のビジョン税理士法人の顧問契約サービスについて・・・

ビジョン税理士法人と一般的な税理士事務所とのサービス比較

 一般の事務所ビジョン税理士法人
会計データのチェック

請求書・領収書等の整理
会計帳簿の自計化支援
記帳代行業務
会計入力自動化支援
ビジョン式月次決算書の作成・説明
社員勉強会の実施
決算・税務申告
決算前検討会の実施
節税のアドバイス
来期の利益計画の作成サポート
5か年の利益計画の作成サポート
商品別・得意先別販売計画の作成サポート
担当者別販売計画の作成サポート
借入返済予定表の作成サポート
資金繰り表の作成サポート
銀行交渉対策、融資支援、金融機関紹介
決算後の銀行財務格付け表の提供
弁護士・司法書士・社会保険労務士等のご紹介
相続・株価対策提案
事務所通信(税務・経営・労務)の提供
経営計画書の作成サポート
経営計画書の活用方法のアドバイス
経営計画発表会の運営アドバイス
経営計画発表会のご招待と出席

image

ビジョン税理士法人は、
親切丁寧な決算や税金、経理関係のご支援はもちろん、
会社の未来について共に考える
「経営支援」が特徴となっています。

  • ビジョン式「月次決算書」
  • ビジョン式「経営計画書」
  • 決算前検討会、決算予測&納税予測
  • 利益計画の策定、販売計画の策定
  • 稼いだ利益はどこに消えたのか?
  • 社長の成績表による、財務の健康診断融資交渉&対応

など・・・・

社長は、どのような会社創りをしたいですか?

私たちは、お客様第一主義を徹底し、
会社の未来創りをビジョン式「月次決算」と「経営計画」で、
「ワクワクする良い会社創り」の支援を目的としています。

ネット上では私たちよりも安い税理士は沢山あります。
前の税理士はもっと安かった。など

大変失礼な質問ですが、料金が安い税理士は、

「あなたの会社の未来を一緒に考えてくれます?」
「税務署に提出する税金の計算作業だけでは御座いませんか?」
「あなたの会社の未来をワクワクさせてくれますか?」
「立派な決算書を作りあげても、その数字を、経営に活かせていますか??」

私たちは、単なる集計代行屋ではありません。

お客様の会社がワクワクする明るい未来を創るためのお手伝いをしています。

私たちビジョン税理士法人は、

人の資源が限られている中小企業で、
社長が本業に全力で専念して頂く為に、
お客様にとって付加価値と生産性の低い業務である、
会計記帳の代行も喜んでお引受けさせて頂きます。

しかし、単なる数字の集計代行屋ではありません。

私たちの税理士法人では・・・・

お客様第一主義を追求し、
親切・丁寧に一社一社のお客様を大切にします。

お客様の会社が、しっかりと儲かり、
会社の内部蓄積を増やし
お客様の会社が永続的に続く会社創りを応援しています。

そして、
お客様の中小企業で働く社員の方々が、
夢と希望を持ち、
結果的に社長や社員の給料も増え、働いている社員が「この会社で働けて良かったです」と言って頂けるような
会社創りのお手伝いをしたいと願っております。

一言でいうと
「ワクワク・元気な中小企業創りを応援したい!」
という使命感で日々、お客様を応援しています。

私たち税理士法人は、お客様にとって大切な会計や税金に深く関わりながら
会社のナンバー2のような存在で、
社長と深く関り、
社長の裏方として支える存在でありたいと強く願っております。

私たちほど、
お客様の会社のことを強く想う存在はないと自負してます。

私たちは、現在350社もの中小企業と、お付き合い頂いてます。

お客様と、一社一社丁寧に密接に関わり
良い会社創りの支援を真剣にするために、
お手伝いできるお客様の数には限度があります。

お客様と真剣に、全力でお付き合いをしているために、
正直、お客様には困っておりませんので、お客様を選ばせて頂いております。

パートナーとして人間関係を築けない方、
他人の責任にする方、
社員を大切にしない方、
脱税思考の方とは、契約を致しません。

業績を上げることに熱心で、
一緒に働く仲間である社員や外注を大切にし、
これから真剣に、良い会社創りをしたいと強く望む方とのみ、
ぜひ一緒に仕事をしたいと考えております。

さらに、私たちは、
現在税理士と付き合いのある方が、仮に顧問料が2~3割増加しても、
未来に向けて生涯付き合いたい税理士を探しており、
現在の会社を絶対に成功させたいという
強い覚悟のある社長と一緒に仕事をしたいと考えています。

そこで、ビジョン税理士法人では
格安の料金設定ではなく、
一社一社の会社の未来創りを真剣に、
丁寧にお手伝いできる
料金設定とさせて頂いております。

社長の最良のパートナーとして、
そして応援団長として

社長の悩みと夢を共有し、
未来へ向けて、「良い会社創り」へと導く
お手伝いをする、横浜の税理士法人です。

会社の明るい未来、創りたくないですか?

ビジョン税理士法人は、
苦しみながら16年間にも渡り、
事業経営の成功のために、
激戦区の横浜・戸塚地域で、税理士として生き残ってきました。

周りの方々の協力を得て、
皆さまのお力を借りながら
ビジネスモデルと税理士法人として、組織を築き上げてきました。

事務所の組織創りで苦悩しながら、
現在では、業界上位5%以内、
横浜市戸塚区地域では、上位に入る税理士事務所の規模まで成長出来ましたが、
今も成長発展途中であり、まだまだ道半ばです。

税理士業界の平均の事務所の規模は、
通常スタッフ4~5名です。

そんな税理士業界の中で、
横浜の中心部でない横浜市戸塚区地域で
スタッフ25名を擁する税理士法人まで、成長して来ました。

私たちは、税金関係をはじめとして
会計を経営に活かす未来会計のビジョン式「月次決算書」と
ビジョン式「経営計画書」で、【経営をサポート】をする
横浜・戸塚地域では数少ない税理士法人です。

経営という大仕事を、何の悩みもなくこなせる社長は皆無です。

しかし、経営コンサルタントに依頼すると、毎月数十万円は当たり前・・・です。

「税理士以上・コンサル未満」の良心価格でご提供させていただきます。

image

もっと会社を成長させたい!
と強く願う社長の為の横浜の税理士法人です。

是非、ビジョン税理士法人とともに、
一緒に成長を続けましょう。

ビジョン税理士法人への業務依頼・ご相談の方法が知りたい!と思ったら

【横浜市戸塚区のビジョン税理士法人】

私たちがサポートします!!

ワンストップで色んなアドバイスやご提案が出来ればと思っております。
いつも笑顔で!!
みなさんと気持ちよく仕事のできるように心がけています。
聞いてもらえたという安心感を得られるように、じっくりお話しを聞きます。
疑問があればその場で解決するように心がけています。
日ごろから知識や経験を積めるように頑張ります。
丁寧、迅速、笑顔!!心かけています
お客様の悩みをしっかりと聞き取り、様々な改善策を提案していく事を心がけています。
小さなお悩みでもよいのでお悩み解決のお手伝いをさせて下さい。

横浜市内・戸塚区出身、又は横浜市内・戸塚区に居住しているスタッフが大多数を占めます。

地元横浜・戸塚に密着している税理士法人です。

ビジョン式のお客様サポートの流れ

 

 

急な対応依頼や突然のご相談でも

ぜひ、お気軽にご連絡頂けますと、

大変嬉しく思います。

100社に
100通りの
サポート

まずは、話を聞いて見ませんか?

無料財務診断サービス

2時間の個別面談付き!

『社長の成績表』

格付けシミュレーション

社長の成績表は、
「銀行が社長の会社をどう評価しているのか」が一目で分かります。

銀行は、独自のスコアリングシートを持っていて、会社の決算書に点数を付けています。

その点数によって企業を評価し、
融資をするかどうかの判断をしています。

社長の成績表を見れば、
あとちょっと○○を良くできれば、
銀行の評価もアップ!

融資を受けやすくなる方法が分かります。

そして、次にどうすればよいのか考え、
次の経営計画につなげることが出来ます。

「会社が成長するための無料経営分析」を実施中!

未来会計図表

過去2期分の決算書を見せて頂ければ分析できます。

  • 顧問税理士がいても大丈夫!
  • 当事務所と契約いただかなくてもOK!

ビジョン税理士法人がどんなことをやっているのかを体感下さい。
無料財務分析と2時間の個別相談を無料で実施いたします。

どんなアドバイスをくれるのか?お客様自身で体感ください。

もちろん、顧問契約を前提とせず、相談だけのご利用も結構です。
今の税理士を変えなくても受けて頂ける、無料のコンサルティングです。

お申込の流れ

  1.  お電話、又はメールでご連絡下さい。
  2. ご来社いただく日程を決定致します。
  3.  決算書を2期分、郵送、メール、またはFAXでお送り下さい。

サービス提供場所は、横浜市戸塚区品濃町(東戸塚駅徒歩2分)のビジョン税理士法人の会議室となります

 

無料財務分析

社長の成績表のパンフレットはこちら

 

ビジョン税理士法人への業務依頼・ご相談の方法が知りたい!と思ったら

ビジョン税理士法人は、地元横浜に愛着を持ち、親切・丁寧、お客様一人一人を大切にすることを心掛けている税理士法人です。
些細なことでも構いません。ぜひお気軽にお問合せ下さい。

迷いがある方へ!

2ヶ月間無料

ビジョン式「月次決算」サービス

過去の数字から現在の経営状態を正しく知り、
未来に向けて打つべき手が見える!

単に税務署に提出するための決算書ではなく、
会計が経営に役立つ資料です。

こんな方にお勧めです!

  • 現在の税理士に不満がある。
    (お試し期間が2ヶ月あるので、現在の税理士を解約しなくても大丈夫です!)
  • まだ税理士を付けたことが無いから、2か月間無料なので、お試しで付き合ってみたい。
  • 決算書を経営に役立てたい
  • 安易な節税よりも、キャッシュ最大化の経営を目指す方
  • 会社が生き残るためには、どれくらい売上を稼げばいいのか?
  • 販売単価・販売数量・売上原価・固定費のどこを改善すれば、効果的に利益が出るのか?・利益が出ているのに、なぜお金がないのか?
  • 預貯金額は、どれくらいあればいいのか?
  • 早めに利益予測と、納税額を知りたい。
  • 会社経営について、税理士と一緒に考えて欲しい!
  • 他の税理士の話も聞いて見たい

税金や経理の不安を取り除きたい方や
会社を成長させたい社長に最適なサービスです。

さらにビジョン式「月次決算書」は
あなたの会社を成長発展させるヒントが詰まっている道具です。

価格は、最低月3.5万円からですが、
お試しで「2ヶ月無料」でサービスの提供を開始しました。

ぜひビジョン税理士法人の商品・サービスを「お試し2ヶ月無料サービス」でで、
ぜひお試しで体験して下さい! 

私たちの商品・サービスや相性について、ご確認下さい。

まずは、直接会ってお話を聞いて見ませんか?

何でも 個別無料相談!

もし具体的な相談でなくても、

  • ビジョン税理士法人が、どんなサービスを提供してくれるのか?
  • ビジョン税理士法人なら、どんな提案をしてくれるのか知りたい
  • 料金はどれくらいか?
  • 税理士との相性を確かめたい、人柄はどんな感じか?
  • 本当に何でも相談できそうか?

どんな些細なことでも構いません。
ぜひ、無料個別相談をご利用下さい。

 

1. お電話、又はお問い合わせフォームからご連絡下さい

些細なことでも、お気軽にご連絡下さい。
担当者が、お客様と日程調整をさせて頂きます。
フリーダイヤル0120-998-707(平日8:30-19:00)
横浜(045)-820-2626、もしくはお問合せフォームからでご連絡下さい。

 

2、ご面談の場所

ビジョン税理士法人は、JR東戸塚駅東口 徒歩2分にあります。
神奈川県横浜市戸塚区品濃町549-2三宅ビル3階
(三菱UFJ銀行さま 東戸塚支店、スシローさま 東戸塚店のビル)

お車でのお越しも便利です。
お飲物なども用意してお待ちしております。

 

3、専門家がしっかりと対応させていただきます

まずはお客様のご要望をしっかりと伺った後、必要に応じて、私どもからご提案させていただきます。

ビジョン税理士法人への業務依頼・ご相談の方法が知りたい!と思ったら

ビジョン税理士法人の「セカンドオピニオン」

ビジョン税理士法人のセカンドオピニオンサービスは、
毎月の経営数字をビジョン式「月次決算書」を活用して、
経営に活かす支援をするサービスです。

現在お付き合いの税理士とはそのままお付き合い頂き、
ビジョン式「月次決算」で経営をサポートします。

現在の先生とは長い付き合いで、
先代からの付き合いだから断れないけど、
他の税理士の話も聞いて見たい。

現在の税理士との関係性は切りたくないなど、
現在の税理士との関係性は様々です。

今の税理士先生との関係性も大切にしながら、
財務分析やビジョン式「月次決算」や「経営計画」を活用して、
今までの税理士とは全く別の視点から、
セカンドオピニオンとして、
御社の経営について
新たな気づきをご提供します。

私たちは、
未来に向けて良い会社創りのお手伝いを致します。

年商2ヶ月に1回毎月
1億まで月40,000円〜月45,000円〜
1億〜3億月50,000円〜月55,000円〜
3億〜5億月60,000円〜月65,000円〜
5億〜10億月80,000円〜
10億円以上月150,000円〜

※その他、特殊なサービスは相互協議の上、別途ご相談

 

ビジョン税理士法人では、
お客様のニーズに合わせた、
明朗会計での料金設定を心掛けております。

ビジョン税理士法人は・・・・
激安・格安の税理士法人ではありません。

企業経営にとって税理士との付き合いは、
とても大切な核となる部分です。

税理士法人が、
会社を良くするためにお手伝いできることは
多くあると感じています。

過度の節税で、資金はショートしてませんか?

税金を抑える為に、無駄な支出をしてませんか?

決算を終え、新しい期が始めるときは
今年も売上を獲得して頑張ろうと思っていたのに、
決算を迎える期末になると、どうにか利益を減らそうとして
資金的に弱い会社になっていませんか?

どれだけの売上と利益を稼げば生き残れるのか?
貴方の会社独自の数字を税理士から毎年教えて貰えてますか?

社長自身が仕事でワクワクしてますか?

私たちは、
本気で会社を良くしたいと考える社長に対して
熱意を持って、サービスを提供します。

税理士法人は、
あくまでもお客様の経営に役立つ商品とサービスの質が大切であると
考えております。

税理士と契約する際に、この税理士法人で大丈夫かなと、
不安も多く抱えていることと思います。

そこで

  • 無料の財務診断サービス「社長の成績表」
  • 2ヶ月間無料のビジョン式「月次決算」お試し顧問サービス
  • 何でも、初回個別無料相談

をご活用いただき、
まずは私たちの商品とサービスをご体験頂いた上で、
ご検討下さい。

ビジョン税理士法事のお客様の声をご紹介させていただきます

有限会社エイ・エス・エス 様

  • 所在地:横浜市神奈川区
  • 代表取締役:青木 重幸 様
  • 業種:産業廃棄物処理業
スポーツコミュニティ株式会社 様

スポーツコミュニティ株式会社様

  • 所在地:横浜市西区
  • 代表取締役:青木 重幸 様
  • 業種:体操クラブ

株式会社point zero 様

  • 所在地:横浜市港南区
  • 代表取締役:宮路 博至 様
  • 業種:映像制作会社

株式会社北海ボーリング 様

  • 所在地:横浜市戸塚区
  • 代表取締役:横尾 厚志 様
  • 業種:地質調査・解析など
マギー株式会社

マギー株式会社 様

  • 所在地:横浜市中区
  • 代表取締役:山川 朝賢 様
  • 業種:ビッグデータの収集・分析
株式会社セントラル設備テクニカ

株式会社セントラル設備テクニカ 様

  • 所在地:横浜市戸塚区
  • 代表取締役:黒沢 正康 様
  • 業種:空調設備関連

株式会社ハイテック 様

  • 所在地:横浜市瀬谷区
  • 代表取締役:阿部 泰士 様
  • 業種:空調設備業
株式会社サパス

株式会社サバス 様

  • 所在地:横浜市青葉区
  • 代表取締役:稲部 ゆかり 様
  • 業種:エステティックサロン
株式会社あさひ 様

株式会社あさひ 様

  • 所在地:神奈川県大和市
  • 代表取締役:座間 洋 様
  • 業種:飲食業(蕎麦)
有限会社佐竹商店

有限会社 佐竹商店 様

  • 所在地:横浜市泉区
  • 代表取締役:佐竹 史嗣 様
  • 業種:管工機材・住宅設備卸
株式会社パルス 様

株式会社パルス 様

  • 所在地:横浜市泉区
  • 代表取締役:木村 良実 様
  • 業種:バイクの修理・販売
有限会社 神教販

有限会社 神教販 様

  • 所在地:横浜市南区
  • 代表取締役:阿達 泰之 様
  • 業種:学校教材販売,教育材料販売

株式会社prove works 様

  • 所在地:東京都渋谷区神宮
  • パタンナー 山東 様
  • 業種:パターンメイク

ビジョン税理士法人では、横浜市と湘南地域、県央地域を中心に、神奈川県内全域のお客様をご対応させて頂いております。

数字で示すビジョン税理士法人

所長 鈴木 宗也の年齢 46歳

1973年6月10日生まれ。横浜市戸塚区出身。現在は藤沢市在住。
趣味はサーフィン、釣り、キャンプ、登山、草野球、読書、旅行です。
どうぞよろしくお願いいたします。

従業員は25名。20代・30代が多い、活気のある事務所です

この5年間の売上増加に伴って、従業員はこの5年で2倍に増えました。
特に20代・30代のスタッフが多く、社員はとても活気があります。

税理士6名の税理士事務所(未登録含む)

ビジョン税理士法人、従業員25名中、6名が税理士で、一部科目合格者も7名在籍しています。他のスタッフの多くも税理士試験受験中で、若さだけでなく専門性もウリの事務所です。

image

顧問先様の件数(平成29年末時点)

ビジョン税理士法人の平成29年末現在の顧問先件は約350社。
お客様の所在地は地元神奈川県が中心です。
そこで、私どもは「目指せ 湘南エリアNo1!」をスローガンに多くのお客様のお役に立てるよう励んで参ります。

image

お客様の業種は?

お客様の業種は多岐に亘っており、自動車整備業・海外輸出業・歯科医師・獣医・宗教法人・美容室・半導体・商社・スポーツ関連・製造業・学習塾・リフォーム関連・IT業・不動産業・エステティックサロン・介護事業・学校法人・映像関連・飲食店・運輸業・社会福祉法人・デザイン業など、多岐に亘ります。
他にもたくさんの業種のお手伝いをしておりますので、是非ご相談下さい。

image

この5年間で売上は2倍、顧問先数は1.5倍となりました

ビジョン税理士法人の売上は、5年前と比較して約2倍に、顧問先数は1.5倍の350社となりました。
これも地域の経営者様のみなさまのご支援の賜物と感謝しております。

image

平成29年のご紹介件数は23件、感謝申し上げます

ビジョン税理士法人が、平成29年中にご紹介いただいたお客様の件数は23件。お客様からご紹介いただけることは、我々の最高の喜びです。これからもご紹介いただける事務所を目指し、お客様へのサービスレベルを更に高めて参りたいと思います。

当事務所顧問先の倒産割合0.8%

社会における一般企業の倒産割合は起業後1年以内に廃業する会社は30%とも40%ともいわれ、3年以内で70%、10年以内に廃業する割合は93%といわれています。顧問先企業の創業年数により、母数が違ってきますが、倒産割合が大幅に減少している点がお分かりいただけると思います。

image

平成29年に創業されたお客様の件数は17件

ビジョン税理士法人の顧問先のうち、平成29年に創業されたお客様は17件でした。税理士として開業時・創業時からお手伝いさせていただけることは最高の喜びです。創業企業様が大きく成長されるまで、しっかりと応援させていただきます。

創業融資の成功率90%。創業融資もお任せ下さい!

平成29年中に当事務所で創業融資申請をさせていただいた件数は38件。そのうち、35件が融資に成功いたしましたので、当事務所の創業融資成功率は90%となりました。これから創業融資申請をお考えの方は、是非ご相談下さい。

ビジョン税理士法人への業務依頼・ご相談の方法が知りたい!と思ったら

ビジョン税理士法人は、地元横浜に愛着を持ち、親切・丁寧、お客様一人一人を大切にすることを心掛けている横浜の税理士法人です。(代表税理士が横浜市戸塚区の出身です)

ぜひお気軽にお問合せ下さい。【横浜市戸塚区のビジョン税理士法人】

新着情報

「お客様第一主義の商品づくり」が、経営を成功に導く

経営者なら誰もが 「ヒット商品を生み出したい」 「自社の商品が何とか売れて欲しい」 と思っていることでしょう。   しかし、なぜか世の中には、どんなに宣伝しても売れない商品があります。 そうかと思うと、大々的な […]

コメントなし
経営計画書を導入したら売上が10倍になった

『経営計画書』を導入したら利益が10倍になった

横浜のビジョン税理士法人の代表税理士である鈴木は、今から15年前の30歳で独立。 しかし開業から10年間は業績が低迷していました。 5年前に経営計画書を導入したところ下記グラフの通り,   売上が毎年120%増 […]

コメントなし

なぜウチの会社が税務調査に選ばれたの? 選定基準を大公開!

経営者の皆様には「税務調査」という言葉を聞いたことが無いという方はいらっしゃらないでしょう。 既にご経験された方もたくさんいらっしゃると思います。もしかしたら、ひどい目に遭った方もいるかもしれません。 一般的には、10年 […]

コメントなし

社長の悩みを一掃する最強ツール!! 未来会計導入のススメ!!

ほとんどの社長が仕事できずにいる!? 中小企業の社長の悩み事 TOP3は何でしょうか? 顧問先のお客様から伺うお悩みを集約すると、主に次の3つになります。 お金 社員 次へのビジョンがたてられない ほとんどの社長が、悩み […]

コメントなし

一般の方にとって、会計事務所に連絡することはとても勇気のいることだと思います。

だからこそ、ビジョン税理士法人は、とびっきりの笑顔と声でお客様を歓迎いたします。是非、お気軽にご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ

  0120-998-707

平日 - 8:30~19:00

メールでのお問い合わせ