0120-998-707 無料面談申込み

戸塚税務署に『無駄なく』相続税申告の相談をする方法

ビジョン税理士法人は横浜市戸塚区にありますので、横浜市戸塚区(戸塚税務署の管轄内)にお住まいであった方が亡くなり、
自分で相続税の申告を行う際のポイントついてお伝えします。

 

もし相続税の申告が必要な場合は、どこから手を付ければいいのでしょうか?

 

戸塚税務署で相続税の申告をする方は「お亡くなりになった故人の方が、戸塚区・泉区・栄区にお住いのケース」です。

 

戸塚のビジョン税理士法人 相続税無料相談75分

 

 

戸塚税務署に、相続税申告を相談する方法

それでは相続税申告に際して、税務署に相談する具体的な方法をご説明します。

設例

お亡くなりになった方の住所: 横浜市戸塚区汲沢7丁目に在住

税務署の管轄: 戸塚税務署

不動産の利用方法: 自宅

財産: 土地と預貯金

 

戸塚税務署に相続税の相談電話をしてみる!

戸塚税務署に電話をします(戸塚税務署の電話番号 045-863-0011

「こちらは戸塚税務署です」というアナウンスが流れます。

続けて「音声案内に従ってご用件の番号をお選び下さい」というアナウンスが流れます。

①税金に関する一般の質問やご相談の方

②税務署からのお尋ねや税金の納付に関する相談の方

①は「電話相談センター」へつながり、相続税における一般的な質問を受け付けています。

相続税の申告を自分で進めて行って、相続税法上の考え方や相続税法の解釈が分からない場合は「電話相談センター」での相談がお勧めです。

 

→ 税金の相談なので、プッシュダイヤルで「①」を選択します。

 

電話相談センターにて、「6つの番号を選択して下さい」というアナウンスが流れます。

①は所得税・・・

②は年末調整など・・・・

③は相続税や贈与税など・・・

④は法人税・・・

⑤は消費税や印紙税・・・

⑥はその他の方・・・

 

→ 相続税の相談なので、「③」を選択して下さい。

プルルルという音の後に、国税庁の相続税の相談担当者に電話が繋がります。

国税庁の「電話相談センター」では、税法の解釈や一般的な税金の相談が対象です。

例えば、相続税の基礎控除の相談や小規模宅地の特例の判定になど関する、やや専門的な相談が対象となります。

 

具体的な申告書の書き進め方などを聞きたい場合

もし相続税に関する事が何も分からない状態から申告作業を進める場合、又は相続税申告書の具体的な書き方などを聞きたい場合の相談窓口は、戸塚税務署になります。

 

その際は、再度戸塚税務署に電話を掛け直して「こちらは戸塚税務署です」というアナウンスの後、「税務署からのお尋ねや税金の納付に関する相談の方は」というアナウンスに従い、プッシュボタンの「②」を選択して下さい。

そうすると戸塚税務署の受付に繋がります。

次に「相続税の申告について相談をしたい」と伝えると、戸塚税務署の相続税担当の方に電話が繋がります。

そこで「相続税の個別相談をしたい」と伝え、戸塚税務署の相続税の担当者に、個別相談の予約をとります。

個別相談は、税務署も混み合うこともあるので、早めに電話して予約することをお勧めします。

 

戸塚税務署に相続税申告の相談をすると・・・?

このホームページに訪れて頂いた方々に戸塚税務署の利便性を理解して頂きたいと思い、戸塚税務署の相続税の担当の方に取材させて頂きました。

 

鈴木    「相続税申告で相談に行く際に、まずは何から始めればいいですか?」

戸塚税務署 「『相続税の申告のしかた』をまず読んで下さい。」

こちらからhttps://www.nta.go.jp/publication/pamph/sozoku/shikata-sozoku2018/pdf/01.pdf

補足:「相続税の申告のしかた」は新人の税理士や税理士事務所の職員もフル活用しています。

とても良くまとまっている相続税申告のためのマニュアルです。

 

鈴木    「戸塚税務署に個別相談に行く際に、資料は何を持参する必要がありますか?

戸塚税務署 「『相続税の申告のしかた』を読んだ上で、ご自分で申告書を書き進めた物をご持参頂くと、スムーズに記入方法をお伝え出来ます。

また、相続財産が土地である場合は、測量図があると評価額のご相談も受けられます。
謄本ですと、詳細な形状が載っていないので、完全な整形地でないと路線価による評価についてご相談を受けられません。

そのほか、土地の写真も特殊な土地である場合に、相談の際の説明資料として有用です。
土地評価の減額の可能性の有無などが確認できます。」

 

鈴木    「いつまでに戸塚税務署に相談に行った方がいいですか?」

戸塚税務署 「混雑することもあるので、なるべく早くご連絡下さい。」

 

鈴木    「電話で相談日時の事前予約はする必要ありますか?」

戸塚税務署 「事前に個別相談の予約をして下さい。」

 

鈴木    「電話で予約した日から個別相談までの日数はどれくらいを要しますか?」

戸塚税務署 「一ケ月後くらいになります。」

 

戸塚税務署に相続税申告の相談する際に、事前に相続税申告の一連の流れを、自分でも勉強しておく必要があります。

戸塚税務署の相続税担当の方も言われていますが、税務署が無料で提供している「相続税の申告のしかた」をしっかりと読み込むことが、税務署に相談しながら自分で相続税を申告する最初のステップです。

そして、結果的に近道となります。

「相続税の申告のしかた」https://www.nta.go.jp/publication/pamph/sozoku/shikata-sozoku2018/pdf/01.pdf

戸塚のビジョン税理士法人 相続税無料相談75分

 

 

戸塚税務署に関する補足情報

 

戸塚税務署相続税の申告をする人は、どんな人??

亡くなった故人の住所が、横浜市戸塚区、横浜市泉区、横浜市栄区にあった方が対象です。

 

戸塚税務署から「相続税についてのお尋ね」が届いたら?どうするの?

税務署では、過去の確定申告の情報などから推測して、相続税の申告が必要であろう、相続税額が掛かると思われる方々に発送してます。

これは親族がお亡くなりになったという情報を市町村役場から税務署が入手して送られています。さらに保険会社からも税務署は情報を既に情報を入手している状態です。

相続税のお尋ねは義務ではありませんが、相続税の申告が必要か否かについて判定することをお勧めします。

お忙しいなどの事情により、ご自身で判定することが困難な場合は、ビジョン税理士法人では、相続税申告の有無の判定を無料で行っております。お気軽にご連絡下さい。

戸塚税務署での相続税の件数(平成28年)

相続税申告数 777人

相続税の納付税額11,082,125千円

 

戸塚税務署管内の相続税申告の際に必要となる役所一覧

戸塚税務署

住所 神奈川県横浜市戸塚区吉田町2001番地

電話番号 045-863-0011

管轄 横浜市戸塚区、横浜市栄区、横浜市泉区

営業時間 平日の月曜~金曜 午前8時30分から午後5時まで

 

戸塚区役所(横浜市)

住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-17

電話 045-866-8484

営業時間 月曜~金曜 午前8時45分~午後5時まで

 

泉区役所(横浜市)

住所 神奈川県横浜市泉区和泉中央北5-1-1

電話 045-800-2323

営業時間 月曜~金曜 午前8時45分~午後5時まで

 

栄区役所(横浜市)

住所 神奈川県横浜市栄区桂町303番地の19

電話 045-894-8181

営業時間 月曜~金曜 午前8時45分~午後5時まで

 

戸塚県税事務所

住所 神奈川県横浜市戸塚区上倉田町449

電話 045-881-3911

 

横浜地方法務局 戸塚出張所

住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町2833

電話 045-871-3912