0120-998-707 無料面談申込み

相続税の申告を税理士に頼むメリット

相続税はビジョン税理士法人へお任せください。

相続が発生した時、誰でも慌てるのではないでしょうか。

相続の申告を依頼する候補はいくつかありますが、いったい誰に依頼すればいいのでしょう。

結論からいうと、司法書士などと連携した税理士が有望です。

税理士事務所のホームページで、こう結論付けるのも、手前みそを並べるようですが、複雑な相続財産、複数名の相続人、これらを一般の方がする申告と、相続税を専門の税理士がする申告とでは結果が自ずと変わってきます。

 

そもそも自分で相続の申告できるの?

所得税の確定申告と同様、相続税も自分で申告することができます。

しかし、相続税の申告というのは、所得税の申告のように毎年あるものではありません。

そのため、相続税の申告の経験したことがある方というのは、ほとんどいません。

経験している方でも1回ないし2回だと思います。

また、相続税の計算は思った以上に複雑で、所得税よりも遥かに間違えやすいのです。

 

もしも、所得税を間違えて少なく納付してしまったら、そのときは税務署から調査が入って追徴を受ける可能性がありますし、多く納付してしまったらそのときに税務署は何も行ってこないので自分が損をしてしまいます。

 

たとえば相続放棄などの場合は、家庭裁判所に書類を提出するので、あまり手間がかからないため、司法書士に頼むか、自分で行っても良いでしょう。

しかし財産があり、自分が相続税の対象となるかわからない場合は注意が必要です。

基礎控除や配偶者控除があるので、大抵の人には相続税がかかりませんが、かかるとなると遺産額が大きくなるので相続税の額も膨れ上がります。

 

節税をしたいと考えても、被相続人が亡くなってからできる相続税の節税は限られています。

よって、まずは相続を得意としていて、レスポンスが早くて丁寧な税理士に依頼すると良いでしょう。

 

税理士にお願いするメリットは?

家族の誰かが亡くなり相続が発生した場合、まずは税理士に依頼するのがベストです。

プロですから、正確・確実に依頼を処理させて頂きます。

そして、税理士には代行の権限があるため、必要な書類を集めることも可能です。

メリット1 手間、時間の削減

これが自分で行うのであれば、大変な手間になるところを、税理士が代わりに代行してくれるのです。

相続税の申告になれている税理士でも、たくさんの時間がかかります。

自分で申告をする場合には、倍以上の時間がかかると思います。

ましてや、お仕事している人なら仕事後や休みを削って行いますので、やはり時間がかかります。

税理士に代行することによって、大部分の手間は省けることになります。

相続は膨大な書類が必要で、中には厚さ10センチ~30センチもの書類が必要になるケースもあるのです。

税理士に依頼すれば、その点書類集めも非常に楽になります。

代行してくれますし、他にも必要な書類があったらすべてもれなく教えてくれますので、何度も役所に行く手間が省けます。

メリット2 節税の検討

相続税の申告において、最も重要なのは「財産評価」です。

被相続人が亡くなった時点でどれだけの財産を所有していたかにより、相続税が大きく変わってきます。

その財産がいくらの価値があるのか評価するのが「財産評価」です。

財産評価は、財産の種類によって異なり、相続税法と国税庁の財産評価基本通達によって評価されます。

財産が預貯金だけなら残高などを確認すればよいのですが、自宅の不動産などがある場合が多いです。

不動産の評価は、難しく自分で評価すると評価額が高くなったりして間違うこともあります。

税理士に依頼した場合に、その不動産の特有の減額要素などを検討して、評価額を下げることも可能です。

土地など不動産を複数お持ちの場合は税理士に相談した方がよいかと思います。

 

そのほかにもご自宅の土地の評価を大幅に下げる「小規模宅地等の評価減の特例」や配偶者が相続した場合に相続税額を控除する「配偶者の税額軽減」などの特例も検討してもらえます。

 

メリット3 他の専門家への取次も税理士にお願いできる

 

当事務所は、司法書士・土地家屋調査士・弁護士とも連携しておりますので、当事務所から各種必要な手続きをお願いすることができます。

相続税申告はもちろん、多くの税務案件を各士業と連携しご依頼を受けておりますので、チームプレイも大変よく機能しています。

相続放棄や土地の財産評価などの各種手続きに、いろいろなつながりを利用して的確な処理を行います。

 

まとめ

仮に間違った額を納税してしまうと、自分が大きく損をしてしまいます。

そして、少なく納税すれば税務署から指摘されてしまうのです。

よって、正しい額、誤りのない額、なおかつ節税できる相続税を納付するには、税務のプロフェッショナルである税理士に頼むのがベストです。

 

相続は年間7万件発生しています。

そして税理士の登録数が5万人のため、ひとりあたり1件程度です。

相続に詳しい税理士は限られています。

相続の申告をした実績が多数あり、なおかつ親切丁寧な対応をしてくれる税理士を選びましょう。

適切に申告を行えば、税務署が後から何かをいってくることもありません。