良樹細根(りょうじゅさいこん)のはなし! コラム

良樹細根(りょうじゅさいこん)

私(代表税理士の鈴木)は2018年からダイエット目的で、藤沢駅(神奈川県藤沢市)の自宅近所にあるキックボクシングジムに通いはじめました。

キックボクシングと聞くと、プロを目指す本格的で強面なイメージを連想したので、入会を躊躇していましたが、

入会してみると、とても雰囲気の良いジムでした。

私は、過去に様々なスポーツジムに5回入会し、結果的にほぼ通わずに退会を繰り返してきた経歴がありますが、このジムは入会して2年が経過しても奇跡的にまだ続いています。

テレビ取材時の映像・鈴木

 

 

 

 

 

 

なぜこのジムでは続けられるのか、なぜこのジムは気持ちいいのかと考えたことがあります。

内装・外観は決して豪華でなく、とても素朴なジムですが、コーチ全員が明るい挨拶を自然と行い、仕事に対して真剣に取り組んでいます。

 

また、今さら伸びしろがないダイエット目的の私に、プロの現役選手や元プロ選手のコーチが、とても熱心にキックやパンチの方法を指導して頂けます。

お客様に対して熱心なサービスを行うことは、一見して当然な対応のように思えますが、明るい挨拶や、真剣な指導の姿勢がお客様に伝わるのは、実は難しいものです。

僅か3~4人のコーチが全員素晴らしい訳を考えてみましたが、理由はジムオーナーの人格にあると感じました。

 

オーナーは常に感謝の気持ちでコーチやお客様に対して接し、仕事に真摯に取り組んでいるように感じます。

このような根底の部分が素晴らしいことを考えると、「良樹細根」という言葉が、私の頭の中に浮かびあがって来ました。

「良樹細根(りょうじゅさいこん)」とは、イエローハット会長の鍵山秀三郎先生の著書に書かれている言葉です。

樹木は、広く深く細かく根を張っていなければ、大樹に育ちません。

何事を始めるにも、根が先で、葉は後。
(鍵山秀三郎 凡事徹底 日めくりカレンダーより)

 

大きな木は、その幹や枝に負けず劣らず、立派で細かい「根っこ」を持っています。

良樹にするためには、根を細かく、張っていく時期が大切です。

根は見えませんが、樹木は見えます。

一見大きな木だけが注目されがちですが、大きな木には、根が広く、深く、細かく張っていなければ、いずれ枯れてしまいます。

 

人は、目に見える花や枝ぶりの良さにとらわれ、見えない部分を見落としてしまいます。

しかし、大切なものは、目に見えない根の部分です。

さらに、根は土が良くないと、しっかり根付きません。

良樹細根は、会社の成長や人の形成に当てはまります。

 

会社では従業員を守るために利益を出す必要があります。

利益は、社員を守るためのコストです。

事業を存続させるために利益が必要です。

樹木に例えると、利益は花と果実です。

利益という花・果実は、良い土壌、細かく強い根、幹、枝葉があって生まれます。

会社は業績で評価されます。

それは赤字か黒字か、数字で表れます。

樹木の価値は美しい花や果実によって決まります。

 

「経営は逆算」という一倉定先生の言葉があります。

 

利益という豊かな実りを得るには、逆算すると強い枝葉、太い幹、そして根、土壌に辿りつきます。

会社や人が大きな木のように生育し、正しい人格が形成されることを「良樹」とするのであれば、

「細根」とは・・・

・時間を守る・約束を守る
・整理・整頓・掃除
・明るい挨拶をする
・仕事を真剣に取り組む
・感謝の気持ち
・礼儀など

正しい事を、日々コツコツと積み重ね、実行していくことです。

「細根」を張り巡らせるには、良い「土壌」が必要です。

土に栄養がなければ、根っこは栄養を吸い上げる事ができません。

 

土壌とは、社長を含め働く人たちの姿勢で、原理原則に基づいた認識と行動がされているかが、大切となります。

原理原則とは・・・

・何事も100%自分の責任であることを自覚する
・頂いた縁に感謝する
・素直さ、謙虚さを大切にする
・職場の仲間や家族、お客様を大切にする・・・など、

当たり前であり実は難しい、とても大事なことが良い土壌をつくり出します。

土壌に栄養を与え、吸い上げる事により、根が張り、幹が伸びたら、次は「幹と枝葉」です。

「幹と枝葉」とは、会社で言えば「経営理念と社風」です。

経営理念とは、お客様第一主義とか、従業員第一主義の方針であり社風とは、社内でお互いに助け合う、そして仲が良い社風とか、です。

さらに強い経営理念を備えると、社長と従業員の気持ちが一致し、同じ行動指針で動けることになります。

みんなの心がバラバラの方向を向いていては、強い企業文化は作れません。

 

良い土壌に、細かい根を深く張り巡らせることで、そして謙虚に、素直に、熱意を持って行動をすれば、いつかは美しい花が咲き、

豊かな実がなります。

最初にお話しをしたキックボクシングジムの話に戻しますと、ジムのオーナーの人格こそ良樹細根のうち、土壌です。

コーチたちの素晴らしい振る舞いが細根、私が受けている気持ち良い指導が、良樹細根の幹と枝葉と言えるでしょう。

経営者は、常に真剣な想いで土壌・細根を育てることが、大切だと学ばせて頂きました。

表面的な上っ面の飾りでなく、お客様をはじめ、社内のスタッフ、外部の協力者と感謝の気持ちで接し、真の信頼関係を築くことが大切です。

外見上からは目に見えない根と土壌を大切にしている会社は、お客様から愛され、信頼され、そして選ばれ、継続して生き延びることができるのでは、と感じています。

 


横浜市戸塚区のビジョン税理士

【この記事を書いた人】
ビジョン税理士法人
代表社員 税理士 鈴木宗也(suzuki munenari)藤沢市在住
神奈川県横浜市戸塚区品濃町549-2 三宅ビル3階
JR東戸塚駅 東口徒歩3分 三菱UFJ銀行のビルの3階
趣味 海釣り、読書、BBQ、キックボクシング、藤沢市の少年野球監督&税理士会戸塚支部野球部監督

使命感 100年経営とワクワクする良い会社創りを応援します!

中手企業の実践型のビジョン式「月次決算書」と「経営計画書」で
中小企業の良い会社創りを応援をしている横浜市戸塚区の税理士法人です。
ぜひお気軽にお問合せ下さい!

ご相談・お問合せTEL 045-820-2626
メールでのお問合せ   https://suzuki-tax.net/contact/

投稿: 未分類, 経営 タグ: , , .