必達の売上高を知る
これで、あなたの会社も生き残れる!成長企業はやっている!
超簡単『目標売上高&目標利益』の立て方!~7ステップ~

あなたの会社がどれだけの売上を稼げば、生き残ることができるか、考えたことはありますか?

あなたの会社では、利益をいくら稼げば生き残れるでしょうか?

 

生き残るために必要となる売上と利益額を獲得することは、企業存続に欠かせない最重要事項です。

会社が生き残るために必要となる目標数字を知ることは、社長に数字の目標を明確に与え、目標に向けて経営に対する社長の闘争心を掻き立てます。

会社を高収益企業に成長させることは、誰にでもできる事ではありません。

 

それでも、優れた高収益企業が揃ってやっている事があります。

 

もっと会社を成長させたい!

まだまだ伸びしろがある、もっと上を目指したい!

その方法が経営計画であり、最初のステップが利益計画を作成を通じて、必要となる売上高を知ることです。

 

 

経営を勉強して利益計画の作成を習得した社長、

経営計画書を活用している社長、

生まれ持ったセンスで感覚の経営をしている社長、

 

様々ですが、売上・利益を確実に増やす方法は、業種業態は違えど、考え方は一つです。

 

利益計画をシンプルに言うと、生き残るために必要な売上高と利益額を知ること。

 

そして、どれだけ売上と利益を獲得すれば、会社の資金的な基盤が強くなり、長期的に生き残れる会社が築けるか、ということです。

そこで、あなたの会社が、いくら売上と利益額を稼げば大丈夫なのかを簡単に知る方法を、ご説明致します。

 

このポイントを知ってさえいれば、漠然と売上アップを待ち望むだけの経営者から、脱することができます。

具体的な目標数字を知ることができます。

そして、あと、どれくら頑張ればいいのかを、具体的な数字で明確に知ることが出来ます。

 

会社が生き残る為に必要となる売上・粗利・利益を知る

 

会社経営にとって、利益を獲得できるか否かは死活問題で、

社長は自分の会社がどれくらい利益を稼げばいいのかを知っておく必要があります。

 

しかし社長の中には、経営計画書の作成以前に、

 

  • 自分の会社がいくら売上を上がればいいのか?
  • いくらの利益を稼げばいいのか?

 

このような重要点を知らない社長が多くいます。

 

それは、山登りをする際に、登る山を決めないで自宅を出発するのと同じです。

目標を定めずに、自宅近所をサンダルで犬をつれて散歩した流れで、

富士山に登山をする人はいないでしょう。

 

 

会社経営でも同様に、登るべき数字の目標を決め、目標に到達するために現在何をすべきか、これから未来に向けて現在何をするかを決めることが経営です。

 

経営計画では、数字の目標を決めることは、登山で登るべき山を決めることと同様に、必要です。

 

しかし、経営者が数字目標を立てていない多くの原因は、利益計画の立て方を知らないことが挙げられます。

 

自分の会社が、具体的な数字でどれだけ頑張ればいいのか分からない為に、会社に必要となる資金が貯まりません。

結果として、成り行き任せの経営となり、将来に渡って生き残るための強い会社が実現できません。

更に、極端なケースでは、利益が出ると税金が発生するのを嫌い、赤字にする方がいいと考える社長さえもいます。

 

決算が終わり、新たな期がはじまる時は、今年も頑張って売上を上げて、利益を獲得しましょう。

 

会社が儲かるように頑張ろうと意気込んでいた経営者も、決算が締まる頃になると、税金を払う事を嫌い、

期のスタートとは逆の利益を抑えようと無駄な経費を使い、仕事まで抑制して、売上を減らし、利益を減らそうとする経営者がいるのも事実です。

 

会社は成長・発展し、利益を獲得してこそ、生き残れる!

赤字にした方が税金を抑えられるから良いという経営では、会社の成長発展は望めません。

いつまで経っても、強い会社作りは実現できません。高収益な会社にはなれません。

 

なぜ、利益を獲得する必要があるかについて、考えたことがありますか?

 

会社には様々なトラブルがつきものです。

いつ起こるか分からないトラブルに対して会社では、利益として資金を備える必要があります。

 

利益とは、保険のようなもので、もしもの時の備えであり、事業を長期的に継続させていくために最低限必要な蓄えであり、さらには兵糧・備蓄です。

利益とは、今後、未来に向けて会社を成長させるため、戦うために必要な投資のための軍資金です。

 

 

赤字でいい、利益が少し出ればいいという考え方では、安定的な長期経営は実現できません。

赤字でいい、利益が少し出ればいいという考え方では、高収益な良い会社にはなり得ません。

 

会社経営で会社が勝ち残るため、最低限生き残るために必要となる利益を把握した上で、必達の売上と粗利・利益を把握することが必要です。

そして、目標として掲げた売上と利益額に向けて、経営者が先頭となり、会社経営の旗振り役となります。

目標数字に向けて、正しい経営の舵取りをすることで、長期的に生き残れ、さらには長期的に勝ち残れる会社経営を目指せるようになります。

 

経営は『逆算』

必要な利益を把握する事が重要であると分かれば、次にやる事は、会社が生き残るために必要となる「経常利益」の数字目標を決めることです。

 

獲得すべき利益額を把握する → 「逆算」 → 必要な売上額を知る

 

経営は逆から考えます。

 

経営では、最初に目標とする得たい結果の数字を決め、決めた目標に向けて何をすべきか、何を捨てるかを考えます。

まず、いくら利益を獲得すれば生き残れるか、いくらお金を獲得すれば大丈夫なのかを知り、最終的には利益を獲得するために「必要となる売上高」を計算します。

 

利益計画作成の手順7ステップ 「我が社が勝ち残る数字を知る!」

いくらの売上を獲得すれば大丈夫なのか、具体的な売上目標の数字が7のステップで簡単に分かります。

 

①必要な利益額を知る

・・・目標とする必要利益額は次のA~Dの方法で決めます。

  • (A)(一年間の借入金返済額+お金を増やしたい金額)÷0.7(法人税30%)
  • (B)社員一人当たの目標利益100万~200万に、社員数を掛ける。(パートは0.5人とする)
    はじめは、①の利益は(A)の方法で計算。
    次に(B)の社員一人あたりの利益額100万~200万で、再度計算してみて下さい。
  • (C)過去2~3期の実績が赤字の場合、赤字累積を埋める額。
  • (D)過去2~3期の実績が黒字の場合、その間の推移から見込額を出します。

※短期の利益計画は、目標と実績数字が乖離しても変えてはいけません。
なぜなら、その差は、市場の動向、情勢変化、さらにはお客様の要求と社長自身の思い込みの違いを、表わすものだからです。

 

人件費

・・・社長を含めた給与・賞与・社会保険料(法定福利費)の合計金額を記載

 

③その他経費

・・・決算書の販売費一般管理費のうち、人件費除いた金額の合計を記載

 

④固定費合計

・・・②+③の合計

 

⑤粗利益額

・・・ ①の利益+④の固定費合計を記載

 

⑦売上高

・・・⑤の粗利額÷前年の粗利益率で割って下さい。

 

⑥仕入・外注費

・・・⑦の売上高-⑤の粗利額の差額が、粗利額となります。

 

⑦で計算された売上高が、稼ぎ出さなければ生き残れない金額となります。

 

全社員のフルパワーを引き出す目標設定とは

目標とする利益を、少し頑張れば獲得できそうな利益額では、全社員のフルパワーを引き出すことはできません。

なんとなく到達できそう、今年よりも少し頑張れば到達できそう程度の利益額を目標にすべきではありません。

 

全社員が本気で頑張って、みんなの力でを合わせて全力を出しジャンプすれば、どうにか到達できそうな売上目標と利益目標を設定することが、ポイントです。

少し高めの目標利益額を設定することで、社長をはじめ、全社員のエネルギーを引き出すことが、利益計画作成の目指している効果です。

 

全社員のフルパワーを出せば、どうにか到達できる可能性がある目標利益額を設定すれば、今までとは異なる方法や異なる考え方をしないと、到底目標を到達することはできません。

フルパワーで本気を出さないとならない状態に追い込むことによって、人は必死になり努力するものです。

 

但し、目標利益額における設定の注意点として、いくら努力しても実現しない目標数字を設定することも、得策ではありません。

現実離れの目標数字では、最初から力が入らない為、先社員のフルパワーは引き出せません。

 

実際に利益計画を作成してみる

 

 

 

それでは数字を使って、具体的に利益計画を作成して見ましょう。

 

【具体例 前期の決算】

※補足情報
借入金の年間返済額300万円
社員6名(社長含む)

 

上記の「必要な売上高を知る7のステップシート」をダウンロードして頂き、具体例の数字を順次①~⑦まで入力して下さい。

①必要利益額 ➡ 目標の利益額を決めます。「年間借入返済額300万+お金を増やしたい金額100万円」

補足情報より、借入金の年間返済額は300万円です。

借入金返済額+お金を増やしたい金額100万とすると

(年間返済額300万円+お金を増やしたい金額100万円) ÷ 70%(法人税を30%とする) = 570万円(≒571万円端数切捨て)

 

②人件費 ➡ 前期と同じ額と仮定して、3,500万円

 

③その他経費 ➡ 前期と同じ額と仮定して、3,400万円

 

④固定費合計 ➡ 前期と同じ額と仮定して、6,900万円

 

⑤粗利益額 ➡ ①必要な利益額570万円+④固定費合計6,900万円=7,470万円

 

⑦売上高 ➡ ⑤粗利益額7,470万円÷前年の粗利益率【70%】=10,671万円》必達の売上高

 

⑥仕入(変動費)➡ ⑦売上高10,671万円-⑤粗利益額7,470万円=3,201万円

 

売上高を10,671万円を獲得することができれば、必要な利益額が570万となり、

借入金返済額300万円の返済が可能となり、前期よりもお金が100万増え、さらに法人税も無事に払う事ができます。

 

利益計画で計算した、必達の売上高10,671万円を獲得すると、借入金300万円を返済して、

法人税170万円を支払うと、手元現預金が前期よりも100万円だけ増えることになります。

 

・・・ということは、売上高10,671万円を獲得することは、

最低限会社が生き残る為に必要となる必達の売上高で、最低限の条件ということになります。

 

利益計画により、必達の売上高を計算すると「こんな大きな売上高はとても実現できないよ」と嘆く経営者が多くいます。

まずは現実の目標数字を知ることから、経営がスタートします。

 

必要な売上高を知り、その後何度も「ステップ1●必要な利益額を知る」のシュミレーションを、(A)(B)(C)(D)と、繰り返し計算して下さい。

 

(A)(一年間の借入金返済額+お金を増やしたい金額)÷0.7(法人税30%)

(B)社員一人当たの目標利益100万~200万に、社員数を掛ける。(パートは0.5人とする)

はじめは、①の利益は(A)の方法で計算。

次に(B)の社員一人あたりの利益額100万~200万で、再度計算してみて下さい。

(C)過去2~3期の実績が赤字の場合、赤字累積を埋める額。

(D)過去2~3期の実績が黒字の場合、その間の推移から見込額を出します。

 

 

最終的な利益計画は、全く実現する可能性がない売上目標や利益目標ではなく

「全社員が本気で頑張って、みんなの力でを合わせ、全力でジャンプすれば、

どうにか到達できそうな売上と利益額を設定することが、ポイント」です。

 

まとめ

経営計画を立てる際に、会社の目標数字を知るという作業は、経営者が未来に向けて最初に知るべき事項です。

数字の目標を知るところから経営計画はスタートします。

 

目標数字に向けて、何をすべきか、どのように戦うのかを考えて、戦略・戦術・人員・投資の戦略を考えます。

 

目標額となる数字を社長自らが知ることで、現状のやり方・方法では目標数字に達しない、

ではどうすれば目標数字に到達する事が出来るのかを考えることが、会社経営では重要です。

 

経営を未来に向けて考えることが、経営であり、未来に向けて考えるきっかけになる道具が経営計画書です。

ぜひ、稼がなければならない必要な売上高を7ステップで知り、目標に向けて何をすべきかを考え、

あとどれくらい頑張ればいいのかを知ることが、会社経営のスタートであり、あなたの会社の成長に必ず繋がります。

 

これを機会に、経営計画の最初のステップである、利益計画を作成して下さい。

 

年間の利益計画が作成できたら、次のステップとして販売計画を作成します。

そして、月別の利益計画に落とし込み、さらに今後5年の中期事業計画の作成に進みます。

 

利益計画のシュミレーションを足掛かりとして、いずれ経営計画書を作成して、社長をはじめ、

お客様と社員が幸せになる「高収益企業」&「良い会社創り」ができることを、切に願っております。

投稿: 未分類 タグ: , , , , .