離婚協議書

○○(似下、甲という)と妻○○(以下、乙という)は離婚について以下のとおり合意した。



第一条 甲と乙は協議離婚することに合意したので離婚届に各自署名押印した。

第二条 甲乙間の未成年の子山田裕子(平成○年○月○日生まれ、以下、丙という。)の親権者を甲と定める。
乙は○○の監護権者となり、成年に達するまでこれを引き取り養育する。

第三条 甲は乙に対し、丙の養育費として平成○年○月から丙が成年に達する日の属する月まで、毎月○万円ずつ、毎月末日限り丙名義の口座に振り込み送金して支払う。
上養育費は、物価の変動その他事情の変更に応じて甲乙協議のうえ増減できるものとする。

第四条 乙が、丙の病気のため特別に出費したときは、甲は乙の請求により、その費用を直ちに支払う。

第五条 甲は乙に対し、離婚による慰謝料として、金○万円を平成○年○月○日までに支払う。

第六条 甲は乙に対し、離婚による財産分与として、金○万円を平成○年○月○日までに支払う。

第七条 甲は乙に対し、離婚による財産分与として、その所有に属する下記不動産を譲渡し、平成○年○月○日までに、乙のために所有権移転登記手続きをする。

不動産の表示
(省略)

第九条 甲、乙は、本契約に定めた以外には相手方に対して何らの請求をしないことを相互に確約した。

右のとおり合意したので、本書二通作成し、甲乙各自署名押印の上各自一通ずつ所有する。

平成○年○月○日

甲 

乙 



Copyright(C)2004:鈴木税理士事務所 All rights reserved 税理士・税理士事務所/鈴木税理士事務所/神奈川県横浜市の税理士事務所/税理士・行政書士・FP