神奈川県横浜市の税理士 税理士事務所
税理士  税理士 横浜 0120
鈴木税理士事務所 税理士 横浜 サービス案内 税理士 横浜 料金一覧 税理士 横浜 会社設立 横浜の税理士 鈴木税理士事務所 税理士 横浜 お問い合わせ
税理士 横浜 鈴木税理士事務所

未払賞与を計上する場合の注意点


1.賞与の損金算入時期の原則


従業員に支払う賞与は、その支給日に属する事業年度の損金の額に算入されます。
よって、決算日時点における未払賞与は、原則的には決算期の損金にはなりません。しかし、例外的に一定の要件を満たしている場合、未払でも賞与の損金算入が認められています。


2.未払賞与の損金算入するための要件


下記に掲げる賞与は、未払計上をすることによって、未払にて経理をした事業年度における損金に算入することができます。

要件

@ 決算日までに、その支給額を各人別に、かつ同時期に支給を受けるすべての使用人に対して通知していること

A 通知した金額を、事業年度終了の日 の翌日から 1 ヵ月以内に支払うこと

B その支給額につき通知をした日の属する事業年度において損金経理(未払賞与として費用計上)していること


3.未払賞与の社会保険料

未払経理をした賞与の社会保険料は、賞与と同様に未払経理をした事業年度の損金にできるでしょうか?
それはできません。賞与に対する社会保険料の支払義務が確定するのは、実際に賞与の支給があった日の月末となります。


4.従業員への通知・支払事実の書類を残しておく
 
税務調査があった場合、「決算賞与」は税務調査におけるチェック項目の一つになります。
未払賞与の要件を満たしていることを立証するために、従業員に対する通知を書面でおこない、支給は銀行振込にて、支払いの証拠が残るようにする事が得策です。



参考 法人税法 基本通達9-2-43、44



税理士 鈴木 税理士 藤原 税理士 横浜 税理士 辻 税理士 横浜 佐藤
森 税理士 渡辺 税理士 横浜 税理士 佐藤 税理士 杉本 相続税 横浜
 税理士 横浜 無料相談会
税理士 横浜 鈴木税理士事務所
税理士 横浜 鈴木税理士事務所
鈴木税理士事務所横浜 税理士事務所 メニュー
税理士[横浜] TOP
税理士(料金案内)
税理士事務所のサービス
法人の経営者・個人事業者
相続税 横浜
会社設立 横浜
税理士事務所の案内
税理士へのお問い合わせ
アルバイト募集
税務調査支援
税理士 横浜
会社設立 横浜
会社設立 横浜
相続税 横浜
税理士の横浜税理士 ブログ
横浜の税理士 ブログ
横浜の税理士事務所
スタッフのブログ
横浜 税理士
    横浜の税理士
鈴木税理士事務所
〒245-0013 
横浜市泉区中田東3丁目15-2 
中田町センタービル3階303号
TEL(代表)045-805-0707
フリーダイヤル
0120-998-707
FAX(代表)045-805-6321

税理士 鈴木宗也
横浜で税理士をしております鈴木税理士事務所です。中小企業を応援していますので、宜しくお願いします。
税理士 横浜 地図
横浜の税理士
鈴木税理士事務所
税理士 横浜 
横浜の鈴木税理士事務所
会社設立 横浜 
会社設立サポートセンター 横浜
相続税 横浜 
あんしん相続税 横浜
税理士 横浜 神奈川 東京 決算 会社設立
Copyright(C)2004:神奈川県横浜市 横浜 鈴木税理士事務所 All rights reserved.
WEB製作 税理士 横浜 鈴木宗也