横浜の税理士 鈴木税理士事務所

税理士ってどんなサービスをしてくれるの?

法律上の税理士業務について

税理士法の第1条
「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。」と書かれています。

税務に関する専門家であり、税理士は独立した公正な立場で業務を行います。
税理士業務は公共的な性格を有するため、独占的業務として、税理士に対しては職業上の特権が与えられ、同時にこれに伴う義務が課されています。それゆえ、税理士には、納税義務者の委嘱を受けてその業務を行うに際しては、独立した公正な立場を堅持すべき事が特に要求されています。
納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。 税理士は、税務の専門家として自己の信念に基づく公正な判断と良識を保持すべき事が要求されています。

税理士法の第2条 (税理士業務)
税理士は他人の求めに応じ、租税に関し次に掲げる事務を行うことを業とする。
1.税務代理
2.税務書類の作成
3.税務相談

税理士の仕事の中心は、税務署などへ提出しなければならない書類を申告する事や、この申告のための書類を作成することです。 税務相談も、税法に関することですので、税理士業務として、原則として税理士以外のひとは、できないことになっています。
また、税理士は、税務代理をするために、税理士業務に付随して財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行、その他財務に関し事務を業として行うことが出来ることになっています。
さらに、税理士は税務訴訟において納税者の正当な権利、利益の救済を援助するため、補佐人として、弁護士である訴訟代理人とともに裁判所に出頭し、陳述(出廷陳述)します。

以上、税理士の法律上の業務について述べましたが、当税理士事務所の業務範囲はホームページに記述してありますが、上記税理士法上の業務範囲を拡大してサービスをしています。




横浜の税理士 鈴木税理士事務所
Copyright(C)2004:横浜 税理士 鈴木税理士事務所 All rights reserved 税理士・税理士事務所/鈴木税理士事務所/神奈川県横浜市の税理士事務所/税理士・行政書士・FP